ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しすぎるバイオリニスト「歳を取るにつれて…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美しすぎるバイオリニスト「歳を取るにつれて…」
J-WAVE月曜ー木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。5月19日のオンエアでは、バイオリニストのヴィルデ・フラングさんがゲストに登場しました。

ヴィルデ・フラングさんはノルウェー生まれのバイオリニスト。10歳の時にオーケストラ・デビューし、12歳でマリス・ヤンソンス指揮のオスロ・フィルハーモニー管弦楽団に。以降数々の音楽祭に出演し、世界中で様々な交響楽団と共演を果たしています。

ヴィルデさんが日本に来るのは3回目だそうで、日本の印象を聞いてみると、「いつ来日しても刺激が多くて素晴らしい所です。本当にモダンですけども緑もたくさんあってダイヤモンドみたい!」と嬉しい回答。

そして、銀座で行われたばかりの公演の感想を聞くと、「日本は本当に観客の皆さんが素晴らしいんです。日本の皆さんの、一晩中しっかりとパフォーマンスを見る姿勢、聴いてくださっている姿に感謝しています」(ヴィルデさん)とのこと。

22日に、サントリーホールでコンサートを予定されていることについても

「サントリーホールで演奏ができることにワクワクしています。世界で見ても、サントリーホールは素晴らしいホールなのです。アコースティック・サウンドも映えますし、そんなスペシャルな場所でできるのがとっても嬉しいです」(ヴィルデさん)

ちなみにヴィルデさんは、小さい頃に初めてバイオリンを手にした時から、考える間もなく気づいたらプロの道に進んでいたそうです。

「子どもの頃はステージに上がるのが怖くなくて、自然に楽しんでいました。でも年をとるにつれてステージに上がることに良い緊張感があるのです。今回初めてサントリーホールに立つのですが、緊張感を楽しみながら演奏しているはずです」とヴィルデさんが話すこの公演。お時間を作って行ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

宮本笑里の娘 2歳でヴァイオリンの魅力知る(2016年05月16日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/-2-2.html

ベートーヴェン 耳が悪いのに指揮者を務めた結果、悲惨なことに……(2016年04月13日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1374.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。