体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インテリア界のアカデミー賞!日本人デザイナー×日本企業で初受賞

インテリア界のアカデミー賞!日本人デザイナー×日本企業で初受賞

毎年ミラノ・サローネの期間中に[ELLE DECO INTERNATIONAL DESIGN AWARDS (以降、EDIDA)]が発表される。「インテリア業界のオスカー(アカデミー賞)」と、世界的人気デザイナーPatricia Urquiola女史が称した名誉ある賞。今年、日本人デザイナーと日本企業というジャパン・カップリングによるプロダクトが受賞したというニュースが入った!

「ELLE DECO」世界25誌の編集長による選出

フランス本国はじめ世界に25版を展開するインテリア誌「ELLE DECO」。その各国編集長がノミネートした13カテゴリー(デザイナー部門、家具やキッチン部門など)について、今年の一番優れたものを選出するアワード。中でもDESIGNER OF THE YEARは”今年の顔”的なデザイナーに贈られる賞で、2016年はスペイン人のJaime Hayon氏が受賞。うなずける選出だった。【画像1】授賞式はミラノのフランコ・パレンティ劇場にて「ELLE DECO」25誌の編集長が一堂に、Jaime Hayon氏を囲んで(写真/Valentina Sommariva)

【画像1】授賞式はミラノのフランコ・パレンティ劇場にて「ELLE DECO」25誌の編集長が一堂に、Jaime Hayon氏を囲んで(写真/Valentina Sommariva)

日本人デザイナー×日本企業によるプロダクトが受賞したのは、キッチン部門。

吉岡徳仁氏デザインによる、トーヨーキッチンスタイル社の「FINESSE」。

トーヨーキッチンスタイル渡辺社長が授賞式に登壇し、世界のジャーナリストなど関係者を前に英語で喜びのスピーチをした。【画像2】「大変名誉な賞を頂き、光栄に感じております。このような賞を頂けた事に感謝し、今後もトーヨーキッチンスタイルならではのキッチンの在り方を皆様にお届けできるよう邁進して参ります」左から2人目が渡辺社長(写真/Valentina Sommariva)

【画像2】「大変名誉な賞を頂き、光栄に感じております。このような賞を頂けた事に感謝し、今後もトーヨーキッチンスタイルならではのキッチンの在り方を皆様にお届けできるよう邁進して参ります」左から2人目が渡辺社長(写真/Valentina Sommariva)

授賞式に所用で出席できなかった吉岡氏は

「2009年にDESIGNER OF THE YEARを光栄にも受賞し、その受賞を機に、多くの出会いときっかけを頂きました。この度は、キッチン部門の賞を頂き大変光栄です。これからもこの賞を有り難く受け止め、デザインの歴史を創り出すような、心が震えるようなものづくりを心掛けていきたい思います」とコメントを寄せた。【画像3】吉岡徳仁:2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。 デザインからアート、建築まで幅広い領域において、実験的で革新的なクリエーションは国内外で高く評価され世界のデザイン賞を多数受賞。アメリカNewsweek誌日本版による「世界が尊敬する日本人100人」にも選出(写真/(c) MASAHIRO SANBE)

【画像3】吉岡徳仁:2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。 デザインからアート、建築まで幅広い領域において、実験的で革新的なクリエーションは国内外で高く評価され世界のデザイン賞を多数受賞。アメリカNewsweek誌日本版による「世界が尊敬する日本人100人」にも選出(写真/(c) MASAHIRO SANBE)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会