ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通の腕時計がスマートウォッチに変身!バンドに取り付けるスクリーン「LINK」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホに届いたメールやテキスト、着信などを手元で確認できるスマートウォッチは便利。だが、なかなかの値段のものが多く、踏み切れない読者もいるのではないだろうか。

そんな消費者の心理を汲み取って、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場したのが「LINK」。普通の腕時計のバンドにLINKを取り付けるだけで腕時計をスマートウォッチ化できるものだ。

・スチール製バンドタイプに

LINKのディスプレーは16×40ミリ。バンドがスチール製で幅18〜26ミリの腕時計で使える。腕時計バンドのバックルを含む部分を外し、代わりにLINKを取り付ける。

そして、スマホとペアリングするとBluetoothで連携し、ノーティフィケーションやメッセージなどをLINKで確認できるようになる。

・タッチレス支払いも可能

スマホの情報チェックの他にも、フィットネストラッカーとしても活躍する。歩数や走った距離、心拍数、消費カロリーなどを測定できるので、健康管理に役立つ。

また、NFC(近距離無線通信)機能を使えば、タッチレス支払いやキーレス解錠も可能になり、これひとつで日常がかなりスマート化されそうだ。

・古い時計もスマートに

最大のセールスポイントはなんといっても、年季の入った時計でも活用できること。気に入っているものであればあるほど、お蔵入りさせるのはしのびない。

愛着やフィット感などを考えると、使っている時計を純粋にバージョンアップできるに越したことはなく、LINK はまさにそれを実現する。

気になるお値段はというと、Indiegogoで今なら199ドル(約2万2000円)の出資で入手できる。スマートウォッチの新規購入に比べればリーズナブルな設定だろう。出資は6月6日まで受け付ける。

LINK/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP