体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅をするだけじゃ物足りない!海外インターンシップに挑戦して得られる5つのメリット

旅をするだけじゃ物足りない!海外インターンシップに挑戦して得られる5つのメリット

海外の企業で実務経験を積む「海外インターンシップ」

ただ、旅をするだけではどこか物足りない。もっと現地に深く溶け込み、慣れた日本ではなく何も知らない海外という地で挑戦をしたい。

そんな方にうってつけのプログラムが、このいま話題の海外インターンシップです。

 

では、海外インターンに参加するとどんなメリットがあるのでしょうか?大きく5つに分けてお伝えします。

*今回は海外インターンのタイモブとのコラボ企画です。

 

1.成長しているマーケットで、国際企業の現場を体験できる

shutterstock_169604387

photo by shutterstock

皆さんは”国が成長する”という感覚を味わったことがありますか?

日本では失われた20年という言葉がある一方、新興国は今活気で溢れています。

 

たとえば、

■ベトナム:平均年齢29.2歳!総人口約9000万人のうち、およそ6割が30歳未満
■インド:シティバングやペプシコCEO、ハーバード大学ビジネススクール学長、そしてソフトバンクの後継者等次々とグローバル企業のトップを輩出
■フィリピン:世界第3位の英語人口をもち、 2091年まで人口増が続く
■アフリカ:2050年には世界人口の22%を占め、2100年には30億人を越えるとされる

 

ここでは一例をあげましたが、海外インターンシップに参加することで今世界から注目を浴びる新興国でビジネスを経験し、国が成長するという感覚、エネルギー溢れる雰囲気を味わうことができます。

 

 

2.価値観の異なる人々と働く事によって視野を広げられる

shutterstock_204774604

photo by shutterstock

日本の常識は必ずしも世界の常識ではないことが多々あります。

 

たとえば、

【会議の進め方】

日本では、同じ意見の場合は発言しない方が多いですが、海外では「意見を言わない=意見・意思がない」、よって会議に出ている価値が無いと見なされます。

例え同じ意見であっても同調する意見を発言することで、その意見の重みが増す。

日本だと以心伝心することがありますが、海外では意思表示することが仕事を進める上でもプライベートでも非常に重要とされています。

 

このように海外インターンシップに参加し海外で働くことで、仕事や人生における視野を大きく広げることができます。

 

スクリーンショット 2016-05-13 19.11.43

 

 

3.日本では得られない海外ネットワークができる

shutterstock_178362743

photo by shutterstock

海外インターンでは、異なる価値観の人々と活動することによって、異質が素晴らしいということ、多様性を受け入れることによって視野が広がる瞬間が幾度となく訪れます。

海外インターンで最もやってほしいこと!と言っても過言ではないのですが、 日本にいると価値観の合う友人とばかりいる、ということって多いですよね。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy