ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性にとって女性は謎だらけ。だから気持ちは言葉にする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いきなりですが、皆さんには好き嫌い、ありますか?

小さいころから「皆好きになりましょう」と教えられてきた方が多いかと思いますが、じつは、「嫌い」と感じることはとても大事なことなのです。

「好き」も「嫌い」も、どちらも私たちが感じる感情ですが、この感情のアクションは「感じる」か「やめる」かしかありません。

ハートにドアがあったとして、開いていればいろいろな感情が出入りしますし、閉まっていれば感情の出入りはありません。

つまり、嫌ってはいけないと「嫌い」の感情をやめようとすると、「好き」という感情まで止まってしまうのです。

感じたい感情は選べる!

と、ここまで聞くと「感じたい感情だけ選べたらいいのに」と思うかもしれません。

でも大丈夫! 私たちは感じたい感情に焦点を当てていくことができます。感情は誰かに感じさせられているものではなく、自分自身が感じているものですから。

たとえば、すごく腹が立っているとき「そういえば、あんなことやこんなことも!」と次々と腹が立ったことを思い出すことがあるでしょう。

これは、「怒り」に焦点が当たっている状態。

つまり、感じる感情のうち「うれしい・楽しい・好き・すごい・よかった・素晴らしい・素敵」などのポジティブなものに焦点を当て、言葉に出して表現するようにしてみると、感じたい感情だけを選べるようになるのです。

さらに、そうすることであなたは何でよろこぶ人なのか、周りの人にわかりやすくなります。

男性にとって女性は謎がいっぱい。あなたがわかりやすい女性であるほどアプローチされやすくなりますよ!

※この記事は2012年10月に公開されたものを再編集しています。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

文/大塚統子

photo by PIXTA

■ あわせて読みたい

男性に「誰に似てるって言われる?」と聞かれたときの回答
もうヒールに戻れない。スリッポンは東京女子の新スタンダード
3割弱はナシ婚。結婚式を挙げないカップルが増加中
悩みを解消したい人へ。5月19日のラッキーアイテムは?
リアーナのパワーは次世代へ。がんばる子どもたちに奨学金支援
一見さんいらっしゃーい! 4,000円で銀座を食べ飲み歩く
マジックアワーに0.5次会。東京女子のアペリティフ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP