体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【五反田】肉好きにはたまらない!様々なお肉を楽しめる「肉系居酒屋」って?

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

肉系居酒屋。そんなコンセプトを持っているお店なのが魅力で平日の夜に初訪問。五反田にある「肉十八番屋」というお店です。

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

カジュアルにお肉をお酒とともに楽しみたい日に良いお店だと思います。馬肉、鶏肉、牛肉、豚肉。様々なお肉を味わいました。

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

店内を見回すと日本酒の銘柄とともに曜日限定ALL500円の文字。これは注文しなきゃ!! と酒飲みの血が騒ぎます。でもこのALL500円、いつもではなさそうなので店員さんに聞いてみたところ曜日が決まっているわけではないみたい。貼り紙があったらその日は500円。ということは。お店に行って貼り紙がもし貼ってあったら・・・そこのあなた、チャンスです! 私もこのチャンスにあやかり日本酒を。

白露垂珠

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

メニューには日本酒の各銘柄の味の特徴がグラフで示されているので知らない銘柄でも自分好みの日本酒を注文できそう。

しかも日本酒の品揃えはそんなに多くはないけれどツボを抑えているというか。特徴がそれぞれ違っていてちゃんと厳選しているのだと思います。他のお酒もジャンル問わず網羅されていて、私は芋焼酎を少々。幅広いジャンルのおかげでお酒の趣味が違う友人と集まったけれど、それぞれ好みのものを注文できました。

馬刺し二点盛り

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

熊本直送の馬刺しです。ヒレ、モモの二種類。一度に二種の部位を味わえると楽しい!

牛タン 

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

牛タンを注文すると、そのお店のお肉のこだわり具合が素人ながらも多少なりとわかります。ちゃんと厚みのある牛タンが出てきて嬉しい! やわらかさがありつつもコリっとしています。肉、まだまだいきますヨ。このお店の恐らく名物であろう盛り合わせを注文。

炭火焼き五点盛り

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

牛ミスジ、鶏のもも肉、サルシッチャ、イベリコ豚、鶏の手羽先。鶏は銘柄鶏だそうでお店の気合いが伝わる一皿。自家製のタルタル、わさび、岩塩などお好みでどうぞ、というスタイル。鶏肉、豚肉、牛肉それぞれが持つお肉本来のおいしさを食べ比べることで実感できました。

冷やしトマト 

コンセプトは肉系居酒屋!馬、鶏、牛、豚の様々な肉を楽しむ「肉十八番屋」

口直しに冷やしトマトは私の定番。しっかりと完熟した赤くて綺麗なトマトを出してくれました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。