ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが特許申請した、人間の目に埋め込むコンピュータ機能を持つレンズ

  • ガジェット通信を≫


人造人間の一歩、となるのかまだ詳細は分かりませんが、Googleがある特許を申請したことが波紋を呼んでいます。

「眼から水晶体を取り出して、眼球に液体を注入し、コンピュータ機能を持ったレンズを装着する」といったアイデアです。

■ Googleの過去の発表

・2014年に糖尿病患者が血糖値を測定できる機能を持った「スマートコンタクト」の実用化を目指していると発表

・眼鏡型デバイスである「グーグル・グラス」を開発、販売までこぎつけた

今回のサイボーグレンズは、直接人間の体の一部にしてしまうという発想だそうです。

発表された「サイボーグレンズ」を装着することで、理論的には視力補正も自動的にできるので、眼鏡やコンタクトが不要になるとのことです。望遠鏡、顕微鏡など、さらなる機能を追加させることも可能としています。

実際に躊躇してしまう点といえば、埋め込みには外科手術を要するといったところでしょうか。でも、近視、老眼(遠視) 、乱視など、視力や眼に問題を抱えている人にとっては、朗報なのかもしれません。

「サイボーグコンタクト」の充電方法は、特別な眼鏡をかけること。

レンズに搭載されたアンテナに、ワイヤレスで電力を供給するとのことです。

視覚のみならず、データの送受信から、オートフォーカス撮影などの機能も兼ね備えています。
データの蓄積なども可能です。「デバイス」というよりも、極小のコンピュータといったほうが近いかもしれません。

当のgoogle社からは、正式なコメントなどはまだ発表されていないため、詳細が判明するのはまだ先になりそうです。

出典

・Verily

・GOOGLE PATENTS A CYBORG LENS THAT INJECTS INTO YOUR EYEBA

関連記事リンク(外部サイト)

スマホと乱視の関係ってありますか?
ぼやけや歪み? 乱視ってどういう状態なの?
実は危険な【目】の日焼け!予防法をご紹介!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP