体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

世界には街全体が世界遺産に登録されている場所があります。

それが世界遺産の登録名称に「旧市街」や「歴史地区」と名の付くところ。一歩足を踏み入れればタイムスリップしたかのような気分になる、ヨーロッパの美しい世界遺産の街10選をご紹介します。

ドゥブロヴニク旧市街(クロアチア)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

近年日本で人気、知名度ともに急上昇しているクロアチアのドゥブロブニク。ジブリアニメ「紅の豚」のモデルとなったことでも知られています。

かつてこの街は海運交易によって発展した小さな共和国でした。旧市街は、街を守るために8世紀に建設が開始され16世紀ごろに現在の姿となった、高さ25m、周囲約2kmの城壁で囲まれています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選 一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

紺碧のアドリア海と、旧市街にひしめくオレンジ屋根の歴史的建造物が織りなす風景は「アドリア海の真珠」の名にふさわしい絶景です。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

■関連人気記事
魔女の宅急便の世界へ!美しすぎる街、アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク」
ドブロブニクを訪れたら体験したい9のこと【現地ルポ】

エディンバラの旧市街と新市街(スコットランド)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

イギリスの構成国のひとつであり、ヨーロッパ最古の歴史をもつ王国スコットランド。その首都が堅牢な城塞であるエディンバラ城をシンボルとするエディンバラです。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

エディンバラの街は、エディンバラ駅を挟んで南側の旧市街と北に広がる新市街の両方が世界遺産。旧市街の石畳の道路や重厚な石造りの建物の数々はこの街が歩んできた歴史の長さを物語ります。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

訪れる人にどこかなつかしさを感じさせる、詩情あふれる街並みがそこにあります。

ポルト歴史地区(ポルトガル)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

ドウロ川の河口に位置しポートワインの積出港としても知られるポルトは、ポルトガル第2の都市。貿易で栄えたローマ時代には「ポルトゥス・カレ(カレの港)」と呼ばれ、国名「ポルトガル」の由来にもなりました。15世紀にはエンリケ航海王子の外洋進出の拠点となり、さらなる発展を謳歌します。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選
1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。