ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あってはいけない世界」をフルスロットルで体現する、ブエノスアイレスの若手芸術家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引する雄。なかでもブエノスアイレスには、ラテンアメリカンアートばかりを集め世界的に評価の高いMALBA美術館をはじめ、最新アートに触れる美術館やギャラリーが数多く点在。芸術文化に親しむ土壌が整っている。

そんなブエノスアイレス生まれの若手アーティストの作品が、非現実過ぎてオモシロイ。彼の表現する「あってはいけない世界」、じわじわくる。

ボディブローのように
じわじわ効いてくるアート

デジタルアートを得意とするMartin Ariel De Pasqualeは、自身のポートレイト写真をPhotoshopで加工。非現実世界を表現する若手アーティストだ。「結局はCG加工じゃんか」と言われたらそれまで。そうだと分かっていても作品を見ていくうちに、まるでボディブローのようにじわじわと、彼のワールドに引きずり込まれていく。

あるものはそこにメタファーを感じ、またあるものはリリックな詩情を連想させる。かと思えば思わず失笑したくなる作品も。どう作品に触れ、どう捉えるかは個々人に委ねるとして、「普通じゃない世界」の違和感を楽しもう。

えっ?ええっ…!?
違和感を楽しみたい
















制作過程を紹介する動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Martin Ariel De Pasquale

関連記事リンク(外部サイト)

ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP