体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】イケメンが作るラーメンがイケてるのか試してみた @『志奈そば田なかSecond』

tanaka2-sio015_R

ガジェット通信の”秋葉原制覇”ということで、さりげなく秋葉原に通う筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「だんだん秋葉原が好きになって来た予感!」

そもそもオタクと言うほど“ひとつの趣味”に没頭するわけでもなく、アニメも詳しくない筆者が秋葉原に通う意味については賛否が分かれるところですが、最近は美味しい店を色々と発見したので食べ歩きだけでも十分に楽しめます。

イタリアン出身の『志奈そば田なかSecond』

tanaka2-sio002_R

イタリア料理からラーメン業界に移り、あの『俺の空』でも修行した店となれば気になります。

特に秋葉原の中心部はコッテリ&ガッツリ系なラーメンが集中しているので、この『志奈そば田なかSecond』への期待は高まります。

tanaka2-sio001_R

店は昌平小学校の近くにありメインストリートから1本外れているので、あまり観光客が入って来ないロケーションにあります。

しかし!

すでに『志奈そば田なかSecond』の味を知る人達で行列が形成される人気店になりつつあるので、ランチタイムは多少の並びを覚悟する必要があります。

『アジ煮干し塩中華そば』を所望する!

tanaka2-sio003_R

味に関しては多くの人達によってプルーフされているので、ココはひとまずラーメン的にハードルの高い“塩ラーメン”的な何かを試してみましょう。

tanaka2-sio004_R

また最近は”煮干し系ラーメン”が年老いた体にしっくり来るので、アジの煮干しを使った『アジ煮干し塩中華そば』(780円)をチョイスしました。

『アジ煮干し塩中華そば』を食す!

tanaka2-sio016_R

煮干しと言えばイワシ系が主流ですが、あえてアジの煮干しも使ったとの事で、その違いがどんな感じか楽しみですね。

スープは品の良い“鶏&煮干し系”にまとまっていて、シンプルながらも奥行きのある味わいです。

この感じだと塩も数種類をブレンドして使ってそうですね。

tanaka2-sio019_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy