ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北京国際モーターショーに登場した注目の日本車たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲2015年の上海ショー同様、コンパニオンの禁止が打ち出された北京ショーを象徴する1枚。女性モデルの肌の露出は控えめ

地味目ながらも、存在感をアピールした日本車勢

2016年4月29日~5月4日にかけて、中国国際展覧センターで開催された北京国際モーターショー2016。公序良俗に反するとの理由から、コンパニオンの全面禁止が掲げられたが、会場は盛況だった。展示された日本車から注目のモデルを紹介していく。

▲マツダからは、昨今はやりのクロスオーバークーペ、CX-4が世界初公開された。「魂動」デザインに、クーペのような流麗なキャビンを組み合わせた、際立つ存在感が特徴。2016年6月には中国で発売される予定

▲このスタイリッシュなSUVは、ホンダの中国におけるフラッグシップSUV、アヴァンシア。搭載エンジンは2Lターボで、先進の安全運転支援システム、ホンダ センシングも採用される。こちらも世界初お披露目

▲ホンダの上級ブランド、アキュラが中国をターゲットとしたコンパクトSUV、CDXを世界初公開。パワートレインには、中国アキュラでは初となる、1.5Lターボと8速ツインクラッチの組み合わせが採用されている

▲日産の世界戦略コンパクトハッチバックである、ティーダ(中国現地では懐かしのパルサーを名乗る)が、中国で初お披露目された。デザインの刷新はもちろんだが、エンジンやミッションの改良、強化されているという

▲日産自動車と東風汽車の中国合弁、東風日産が企画する独自のブランド、ヴェヌーシアが発表したクロスオーバークーペがT90だ。若者世代のニーズやライフスタイルに応える新しいタイプのSUV像が目指されている

▲日産の上級ブランド、インフィニティは、中型プレミアムSUVの方向性を示すコンセプト、QXスポーツインスピレーションを世界初公開。次期QX50(スカイラインクロスオーバー)を示唆するモデルともいわれている

▲トヨタは、ヤリス(日本名ヴィッツ)のフェイスリフト版を展示。2017年モデルとして準備は万端といった趣だった。エンジンは現行の1.3Lと1.5L直4がそのままキャリーオーバーされる模様

▲レクサス ISがフェイスリフトを受け、北京に登場。写真はスポーティなF スポーツで、3次元F字メッシュパターンにジェットブラックメタリックコーティングが施された、独自のスピンドルグリルは迫力満点

▲三菱ASX(日本名RVR)は、新しいデザインコンセプト、ダイナミックシールドが与えられ、フロントマスクを一新。新デザインの17インチアルミと併せて、よりダイナミックでスポーティなスタイリングに生まれ変わった

▲日本でも大人気のAセグメントコンパクトハッチ、スズキ イグニスをベースに、「クロスオーバーの楽しさをさらに拡げる」をテーマに掲げるスタディモデル、イグニストレイルコンセプトが展示されたtext/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

グリーンアンドハウス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP