ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンドじゃないもん!、再メジャーデビューシングルでオリコンデイリー3位獲得&赤坂BLITZワンマンも大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月18日リリースのシングル「キメマスター!/気持ちだけ参加します。」で再メジャーデビューを果たしたバンドじゃないもん!が、再メジャーデビュー当日の5月18日、赤坂BLITZにてワンマンライブを開催した。

このライブは、全国30箇所以上を巡るグループ史上最大の全国ツアー「バンドじゃないもん!全国ツアー2016~てっぺん目指そうぜ!武者修行編~」の折り返し地点に当たる赤坂BLITZ 2DAYS公演の最終日。この日は念願の再メジャーデビュー当日ということで、「帰ってきた!奇跡のメジャーアイドル」と題された特別なライブとなった。

この日のライブは、これまでのバンドじゃないもん!のライブとは何かが違っていた。冒頭、客席さえも覆うほどのスモークがスタージ中央から吹き出し、スモークが晴れるとそこには「メジャーアイドル」となったバンドじゃないもん!の姿が。この日の幕開けを飾ったのは、メンバー曰く「メジャー感全開」だという再メジャーデビューシングル「キメマスター!」。登場時のスモークに続き、ステージ上に炎が上がるなど「メジャー感」あふれる演出に、冒頭から会場のテンションはMAXに。

リーダーでドラムを務めるみさこは「やってきました再メジャーデビューライブ!みなさんのお力があってこそのメジャーデビューです!」と、この再メジャーデビューがメンバーだけではなくもんスター(バンもん!ファンの愛称)とともに勝ち取ったものであることを告げ、これまでの軌跡をなぞるように「タカトコタン -Forever-」や「ショコラ・ラブ」といった代表曲を次々に披露。メンバーそれぞれの個性が表れたソロ楽曲のブロックを挟んで、終盤では再びメンバー全員がステージに登場し、「NaMiDa」や「君の笑顔で世界がやばい」といったバンもん!らしいポジティブなパワーに満ちたパフォーマンスを魅せ、本編は幕を閉じた。

アンコール前にはステージ上にスクリーンが現れ、「サークルの部室」をイメージしたというカラフルで賑やかなセットで撮影された「気持ちだけ参加します。」のミュージックビデオが初公開された。そして、この日発売された再メジャーデビューシングル「キメマスター!/気持ちだけ参加します。」がオリコンデイリーランキングで3位を獲得したことが発表され、もんスター!は大いに湧き上がった。

その後、アンコールに応えて新衣装へと着替えたメンバーが再び登場し、前日に初披露されたばかりの新曲「気持ちだけ参加します。」と「HAPPY TOUR」をこの日も披露。そしてメンバー一人一人から再メジャーデビューを迎えた今の思いが述べられ、最後はみさこが「バンもんに出会ってくれてありがとうございました!」と深く一礼。ラストは再び「メジャーアイドル」らしく再メジャーデビューシングル「キメマスター!」で、バンドじゃないもん!にとって大きな節目となる赤坂BLITZ 2DAYS公演を締めくくった。

公演詳細
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 ~てっぺん目指そうぜ!武者修行編~帰ってきた!奇跡のメジャーアイドル」
2016年5月18日 赤坂BLITZ
<セットリスト>
M1.キメマスター!
M2.雪降る夜にキスして
M3.RAVE RAVE RAVE
M4.パヒパヒ
M5.タカトコタン -Forever-
M6.ショコラ・ラブ
M7.ツナガル!カナデル!MUSIC
M8.ひ・ま・わ・り(甘夏ゆずソロ)
M9.baby my love(天照大桃子ソロ)
M10.手渡しの距離(望月みゆソロ)
M11.水色のブルー(七星ぐみソロ)
M12.りんごいろの約束(恋汐りんごソロ)
M13.スピードリオン(鈴姫みさこソロ)※ALL Member
M14.White Youth
M15.ヒラヒラ
M16.NaMiDa
M17.君の笑顔で世界がやばい
EN1.気持ちだけ参加します。
EN2.HAPPY TOUR
EN3.キメマスター!

バンドじゃないもん! / キメマスター! [MUSIC VIDEO]

関連リンク

バンドじゃないもん! オフィシャルサイト:https://banmon.jp/
バンドじゃないもん! オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/bandjanaimon
バンドじゃないもん! オフィシャルtwitter:https://twitter.com/bandjanaimon

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP