ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄米軍基地ネタ芸人「まず基地を感じてほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 沖縄の抱える矛盾を「お笑い」で表現する芸人がいる。小波津(こはづ)正光、那覇市生まれの41歳。彼がプロデュースするコントは、例えばこんな具合だ。基地の周りを人間の手繋ぎで囲む反対運動「人の鎖」──基地撤廃を掲げるおじさんはなかなか鎖が繋がらないことに憤る。体たらくの若者を叱る。

 でも、終了後には基地のお祭りに揚々と向かう……。一見、「タブー」に触れたと思ってしまう。でも地元観客からは大喝采。それは生活に根差したネタだからだろう。

 * * *
 本土の人から見ると矛盾が同居してるんでしょうね。もちろん僕たちだって基地には反対でも、基地内で働くことには憧れがある。給料がいいし休みも多くとれますから。ヘリが頭上を飛び回る。もちろんうるさい。でもそう感じる前に、ヘリが近づくとテレビの音量を大きくする自分もいる。政治的なことを考える前に体が反応する。生活の一部なんです、基地は。

 基地をネタにしようと思ったのは上京がきっかけです。東京は騒がしい町と聞いていました。たしかに人は多い。でも空を見上げたら青空が見えて静かでした。ヘリがいない。地元から離れ、初めて沖縄がわかった。僕たちの普通は、実は特別。そして、一方でこんなおいしいネタはないんじゃないか、と。

 基地を茶化すな、という人もいる。東京でチラシを配っていたら「基地を笑え、とは何事か。基地は国を守っているんだ」と叱られました。でもそれでもいい。関心を持ってもらえたということですから。小難しいことを言う前に、まずは基地を感じてほしいんです。

 そりゃ、沖縄県民としては基地をなくしてほしいですよ。でも芸人としては……。基地がある限りコントを続けられるんですよ。やはり矛盾が同居してますか(笑)。

●写真/太田真三

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
普天間基地司令官・フリン大佐 オスプレイ配備の重要性語る
香山リカ氏 沖縄の基地ガイドに「なぜ沖縄だけがこんな…」
沖縄基地問題で治安悪化を専門家が懸念 オバマ氏来日中止も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。