ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江川同期の元巨人・郵便局長 「最高年俸300万でよかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のプロ野球界において“球界の盟主”と呼ばれるのが読売ジャイアンツ。特別な存在として、選手時代に常に注目され続けた“元巨人戦士”たちは、第2の人生をどう過ごしているのか?

 兄は甲子園優勝投手で、法政大学時代は1年から4番を打ち江川卓と同期だった島本啓次郎(60)は、ケガに泣いた一人だ。高校時代に巨人のスカウトが訪ねてきた時は、父親が大学進学を理由に断りを入れた。

 1977年のドラフト前は、父親の勧めで住友金属入りが内定していたが、巨人が6位指名。しかし新人時代、多摩川での合同自主トレ2日目に高校時代から脱臼癖のあった左肩を痛めてしまった。

 失望感を抱きながら一人で多摩川の土手を走り、グラウンドが見えなくなった辺りで腰を下ろすと、白のBMWが目の前を横切った。「良い車に乗っているなあ」と一瞥すると窓が開いた。王だった。

「慌てないでいいから、ちゃんとケガ治して頑張れよ」

 気付くと、直立不動の状態で最敬礼をしていた。結局、肩の故障に悩まされ続け、近鉄移籍後の1983年に引退。和歌山の実家に帰って2か月後に父親が急死すると、何の知識もないまま急遽米店を継ぐことになった。現在はその土地を貸すことになった縁から、塩津郵便局の局長を務めている。

「何とか家族に飯を食わせないといけないと必死でした。巨人時代の最高年俸は300万円で裕福な思いをできなかったけど、第2の人生を考えると逆に良かったかもしれない」

(文中敬称略)

■取材・文/岡野誠 ■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
横浜引っ張るロペス 巨人時代に叩き込んだ投手データ活きる
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書
元巨人・国松彰氏 親友・王貞治が号泣した日を述懐

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。