ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年間20万円の小遣いをコツコツ貯めるマジメ男がやった大騒動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 普段はまじめでも、たまに大きな騒動を巻き起こしてしまう──。そんな夫を持つのは、千葉県在住の専業主婦Fさん(52才)。通信会社勤務・55才の堅物夫のトンデモエピソードを紹介します。

 * * *
 ランチは500円までと決めて、月の小遣い3万円からコツコツ貯金して1年で20万円も! そんな、まじめがスーツを着て歩いているような夫が2~3年に1度、とんでもないことをやらかしてくれるんだわ。

 この間は残業続きの週末、夜遅く電車の中で、ついうとうと。気がついたら、津田沼の自宅に帰ろうとしたのに、八王子なんだって。しかも、かばんごとなくなっていて、財布も携帯電話もない。

 あわてて電車から降りたはいいけど、上り電車はとうになくなっている。着払いでタクシーで帰ってきて3万円なり。

 それから、財布の中に入っていたクレジットカードの使用を止めて、携帯電話も止めて。家の鍵もないっていうから、鍵交換で5万円。その騒ぎの最中に、自宅のバンのスライドドアで指を挟んで、病院で4針縫って。

 さんざん家族を振り回しておいてよ。「だいたいお前が出がけに『たまには早く帰って来てよ』って言うからだ」なんて言われたら、私だって黙っていられないわよ。そしたら夫はちょっと前にした夫婦げんかを蒸し返して、思い出し怒り。

 結局、最後はいつも通り、離婚するの、しないのまで。こんな騒ぎ、いくつまでやる気よ?

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
風水で財布選ぶ小森純 長財布にしてから馬券で29万円ゲット
京本政樹 財布をよく落とすので160万円するチェーンを購入
投資成功の松居一代 金運UPのため涙流し新財布へ中身を交換

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP