ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若冲の作品に「デジタルで解析できない霊性を感じる」と書家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ナマの日本美術を観に行こう」と始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は、前回に続き天才絵師・伊藤若冲の回顧展(生誕300年記念「若冲展」)。日本美術応援団長・山下裕二氏(明治学院大学教授。美術史家)を引率に、書家の木下真理子氏が、若冲が描き上げた世界観に誘う──。

山下:若冲は、水墨画でオリジナルの技法「筋目描き」を生み出しました。墨のにじみを計算して描く画法で、淡い墨を隣り合わせて描き連ねると境目に白い線が浮かび上がる。『菊花図』の菊の花びらのように、奥深く優しいグラデーションが出るのです。

木下:単色で奥行きや立体感を表わすことは書道も同じですが、より豊かで深みのある線を書くには、技術だけではなく固形墨や硯の質も関わってきます。若冲は顔料や染料、墨などへの探究心も人一倍あったのではないでしょうか。

山下:若冲も、随分研究したと思いますよ。最高級の絹や絵の具にこだわり、21世紀の現代から見てもまったく古びた感じがしません。

木下:若冲の作品は、リアルでありつつどこか観念的で、また、装飾的でありながら厳かな感じがします。

山下:若冲は、若い頃から葉の虫食いをよく描いています。初期の作品『紫陽花双鶏図』には既に、虫食った葉が登場しています。それは晩年になっても変わらず、時には傷んだ鶏の羽根も描いている。ほころびゆく自然も命のありようだという若冲の死生観であり、彼の目にそれらは美しく映ったのですね。

木下:対象を観察し、本質を吸収したうえで描いたと聞きます。

山下:凝視し続けることで、目に映る景色が「色と形を持った特別のもの」に変わるのだ、という見方をしていたのでしょう。

木下:「神は細部に宿る」という言葉もありますが、花びら1枚、鶏の羽根1枚の美しさに迫る若冲の作品を直に見ると、デジタルでは解析できない霊性を感じます。

◆山下裕二(やました・ゆうじ):1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻・小学館刊)の監修を務める。日本美術応援団長。銀座・ヴァニラ画廊で開催中の『人造乙女美術館』の監修も務めた。

◆木下真理子(きのした・まりこ):書家。雅号は秀翠(しゅうすい)。大東文化大学で高木聖雨氏に師事。中国、日本古来の伝統芸術としての書を探求。映画『利休にたずねよ』やNHK『にっぽんプレミアム』に関わる題字なども手掛けている。木下真理子公式サイトhttp://kinoshitamariko.com/blog/

【生誕300年記念「若冲展」】
伊藤若冲の初期から晩年までの代表作89点を展示。若冲が京都・相国寺に寄進した『釈迦三尊像』3幅と『動植綵絵』30幅が東京で一堂に会すのは初めて。東京・上野の東京都美術館で5月24日まで開催。

撮影■太田真三 構成■渡部美也

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
伊藤若冲の「桝目描き」 江戸時代のデジタル画と評される
伊藤若冲作品を観た緒川たまき「本当に江戸時代の絵画?」
伊藤若冲が死を見据えて取り組んだ『動植綵絵』の超絶技巧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP