ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名人・羽生善治 将棋ソフトに負けても名声は傷つかない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ついに「人類最強の棋士」とコンピュータの対戦が実現するかもしれない──。発端は、羽生善治・名人が9日にマスコミの前で放った一言だった。

「近々、何かしらのアナウンスができると思う」

 NHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』(5月15日放送)の試写会後の会見で、人工知能との対局の可能性を聞かれての回答だった。

 プロ棋士とコンピュータ将棋ソフトの棋戦「電王戦」は2012年にスタート。団体戦で人間側が負け越す(2013年、2014年)などプロ棋士の苦戦が続いているが、羽生名人の出場はない。

「今の将棋界で実力ツートップは羽生名人と渡辺明・竜王ですが、その2人に次ぐレベルの棋士はすでに敗北を喫した。羽生さんは人類最後の砦です」

 ある将棋連盟関係者はそう前置きした上で、これまで羽生vsコンピュータが実現しなかった理由について、こんな言い方をした。

「それは、実現したらかなりの確率で羽生さんが負けちゃうからですよ」

 コンピュータの力量はすでに名人の力をも遥かに凌駕しているというのが“業界の常識”だというのだ。『ルポ電王戦』の著者でルポライターの松本博文氏の話。

「たしかに将棋ソフトは、すでに人間が及ばない域に達したといえるでしょう。ここ数年の電王戦も、PCの性能に制限を設けるなど、機械に“不利な条件”を課して勝負を拮抗させている。羽生名人自身はこれまでも、ソフトとの対戦に前向きな発言をしていましたが、本人がやる気だとしても、“最強名人が負けたら困る”と考えた周囲がその状況を許さなかったところはあるでしょう」

 仮に今回の羽生名人の言葉通り、近く対戦が実現するのであれば、ついに「人類の完全敗北」になってしまうのか。松本氏はこういう。

「いや、人類の敗北ではないでしょう。コンピュータをつくったのは人間です。しかも、将棋ソフトは『プロ棋士の棋譜』を自動学習して強くなってきた。羽生名人の棋譜もかなりの数を学習しているので、将棋ソフトは“出来のいい弟子”のようなものです。負けても羽生名人の名声は一切傷つかないと思います」

 であれば、最強名人vs最強ソフトの対戦を早く見てみたい。

 ※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
電王戦で注目集まる将棋ソフトの歴史と開発者らの情熱描く本
羽生善治の強さの秘密を最古参棋士加藤一二三九段が論じた書
羽生善治三冠 人間がCOMに負けると1996年に予想していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP