ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グリップでiPhoneがデジカメに変身

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もはやデジカメ並みの高画質で写真が撮れるiPhone。イベントや旅行などで重宝している人は多いことでしょう。とはいえ、シャッターボタンではなく、画面をタップしてシャッターを切るのでブレやすくなりますし、カメラのようにしっかりと構えて撮影をこなすのが難しいことも…。やはり、カメラに比べて撮影時の使い勝手には不満が残ります。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、そんな不満を解消してくれるのが『Snappy』。iPhoneにデジカメのような使い勝手をもたらしてくれるグリップです。

使い方は簡単で、イヤホンジャックに接続端子を挿して、グリップをiPhoneの下部に取り付けるだけ。アプリのインストールやバッテリーなども必要なく、手軽に使えるのがウリのひとつです。

グリップはデジカメの持ち手のような形状で、上部にシャッターボタンが設置されており、構えた感覚はカメラそのもの。手にしっかりと馴染むし、万が一のためにストラップも付属しているので、落下の心配もありません。

シャッターボタンを設置することができたのは、もともとiPhoneには純正イヤホンをシャッター代わりにする機能が備わっているから。イヤホンジャックに『Snappy』の接続端子を挿すことで、シャッターを切ることができるようにしたんです。

ちなみに、グリップにもイヤホンジャックがあるので、『Snappy』を接続した状態でも音楽を聴くことができます。

グリップを追加することで、iPhone での撮影が劇的にやりやすくなる『Snappy』。人よりも良い写真を撮りたかったり、失敗したくなかったりするときなどに活躍しそうなアイテムです。

(コージー林田)

『Snappy』(スペックコンピュータ/価格:2500円)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

グリップでiPhoneがデジカメに変身はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

3種の画が楽しめる外付けレンズ
スマホのカメラをリモコン操作
iPhoneでデジカメを操るグッズ
iPhoneカメラが12倍望遠に
スマホ連携アイテム続々登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。