ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震支援の宝くじ うさぎ図柄とくまモン図柄の2種類

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ7000万」が発売中だ。その収益金の一部が、4月に発生した熊本地震の支援にあてられることになった。

 過去の例では、阪神・淡路大震災復興宝くじ(平成7年4月発売)で100億円、新潟県中越大震災復興宝くじ(平成17年4月発売)で44億円、東日本大震災復興宝くじ(平成23年7月発売)で40億円が、それぞれ被災地の自治体に贈られている。

 今回の宝くじは、もともと通常のドリームジャンボとして販売される予定だったが、急遽、被災地を支援すると決定。そのため、印刷が完了していた宝くじ券には、当初の図柄であるうさぎが描かれており、後から追加されたものには「くまモン」がデザインされている。もちろん両方とも復興支援に役立てられる。

 なお、どちらの図柄が販売されるかについては、各売り場によって取り扱いが異なる。2種類とも揃えたい場合は、複数の売り場で購入してみるのがよいだろう。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
東日本大震災復興宝くじ 発売額は25億円で10億円を被災地へ
5000万円当たる確率最も高い「ドリームジャンボミニ5000万」
口蹄疫復興宝くじ 1等前後賞5000万円で宮崎牛なども当たる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。