ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かわいい最中の皮ばかりこんなに集めました♪フェリシモが1年で108種類、毎月9種類ずつお届けするジャパニーズ「最中種」に首ったけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


このかわいいものは何?見たことある気がするけど、フォルムがかわいすぎて思い出せない。食べられるって本当?!驚きと共に心惹かれてしまう商品がフェリシモより登場した。この商品、実は最中の「皮」。毎月9種類ずつ1年で108種類お届けする企画を、あなたならどんな風に楽しんでみる?


最中とは、餅やもち米からつくった皮であんこを包んだ和菓子。最初からあんを包んであったり、別添えのあんを自分で詰めたりして楽しむ日本の伝統的なお菓子だ。

創業明治10年の金沢老舗「加賀種食品工業株式会社」とフェリシモとのコラボで今回お届けするのは、「最中種(もなかだね)」と呼ばれる最中の皮。1000種類以上もの中から季節にあわせて選りすぐり、大切にお届けする。

「四季折々のお楽しみ 皮だけ最中の「最中種」」〈12回予約〉(月1セット・864円)は、最中種9組(9種各1組)としてお届け。愛らしい色々な「最中種」は2枚1組の個包装になっているので、サクサクとした食感と香ばしさを味わえる。


「最中種」の楽しみ方は小豆あんを詰めるのが一番ポピュラーだが、お寿司をのせたりパフェに添えてみたり、アイスをのせてみたりと、実は様々に楽しむことができる。お届け時にはプランナーおすすめの最中を楽しむヒントがついてくるので、参考にしながらいろいろな具材を自由に盛ってみよう。


「最中種」のかわいらしさを活かしながら、食事やデザートとのおいしい組み合わせを探してみて♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP