体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Autoがスマートフォン単体でも動作可能に、車載ディスプレイとのワイヤレス接続やOK, Googleコマンドにも対応

Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われている Google I/O 2016 カンファレンスで自動車向けの Android プラットフォーム「Android Auto」のアップデートを発表しました。今回のアップデートでは主に 3 点の新機能が発表されました。メジャーアップデートではありませんが、從來よりも Android Auto の利便性が向上します。1 点目は、Android Auto をスマートフォン単体で利用できるようになることです。スマートフォンの画面に専用の Android Auto UI が表示されようになるので、車載マウントなどに固定すれば Android Auto の機能がスマートフォンでも利用できるようになります。2 点目は 車載ディスプレイとのワイヤレス接続です。Android Auto を車載ディスプレイで利用する場合にはスマートフォンを USB ケーブルで接続する必要がありました。これが Wi-Fi で繋がるようになります(車載ディスプレイ側の対応が必要)。3 点目は「OK,Google」への対応です。これで音声だけで Android Auto の操作を開始でき、アプリを実行することも可能になります。Google このほか、年内に Waze アプリを Android Auto に対応させることも発表しています。また、Android Auto は Android N へのバージョンアップで AM / FM ラジオ、HVAC、Bluetooth 発信とメディアストリーミング、マルチチャンネルオーディオなどにも対応します。Source : Greenbotjalopnik

■関連記事
Android Wear 2.0 Developer Preview版の動作映像
Android Nのバージョンはやっぱり「Android 7.0」? Google I/Oで使用されたスクリーンショットの時刻はいずれも「7:00」
ソフトバンク、Android版Pepperを発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。