ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神主、探偵、鍛冶屋に女子アナ!憧れの職業を体験できる「仕事旅行」が楽しそう♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。

そんなときは、「仕事旅行」で実際に体験してみてはいかがでしょう。

訪問可能な職場は150職種!

これは、各職場の「見習い」となって1日プロに仕事を教えてもらい、仕事を知るきっかけを提供するもの。開業、ものづくり、接客など、8つのカテゴリーに分かれており、職種はさまざま。

・1日見習い神主
・キャンドル作家になる旅
・照明デザイナー
・イルカトレーナー
・探偵になって尾行を疑似体験
・能楽師
・旅行家になる
・活版印刷職人になる
・フレアバーテンダー
・ねぶた師になる旅
・ヴァイオリン調律師
・女子アナが徹底コーチ。思いが伝わる声づくり
・鍛冶屋
・フードジャーナリスト
・明治16年創業の焼酎製造所で職人になる
・古本屋さんで店主と本棚を作る
・メイド喫茶で接客を学ぶ

一部ですが、並べて見るとワクワクしてきませんか?それでは実際、どんなふうに体験するのか見てみましょう。

「1日神主になる旅」

ここは川崎・稲毛神社。


参加者は7時に神社へ集合。見習い神主として袴に着替え、神様への食事を用意し、国と氏子の繁栄を祈る、御日供祭と毎月行われる月次祭に参列。

境内の掃除、神職の基礎知識などを学んだり、紙垂作りのお手伝いも。記念撮影、質疑応答をして、15時に終了。価格は10,800円。

体験した人のコメントは「定年後の仕事の選択肢に『神主』も加わった」「神社検定を受けて、多少の知識は持っていたものの、実際の現場のお話は大変参考になりました」など、とてもためになった模様。「神主の装束衣装は私の宝物になりました」という声も。

日本全国のほか、ベトナムでも職場体験ができるこの「旅行」。いろいろな経験ができるので、リピーターも多いようです。そのほか気になる仕事にチャレンジしてみたい人は、ぜひこちらから職種をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 仕事旅行社

関連記事リンク(外部サイト)

3,000日間、世界をひとり旅した男が語る「人生に大切な29のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP