ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、4K出力に対応したAndroid TVセットトップボックス「Mi Box」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー Xiaomi が Google I/O 2016 カンファレンスに合わせて、同社初の Android TV セットトップボックス「Mi Box」を発表しました。Mi Box は 4K @ 60fps の映像出力に対応した Android TV セットトップボックスで、HDR コンテンツの再生や HDMI 2.0a、Dolby Digital Plus、DTS サラウンドに対応しています。主要スペックは、ARM Cortex-A53 クアッドコアプロセッサ、ARM Mali-450 GPU、2GB RAM、8GB ROM、USB ポートを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac や Bluetooth v4.0 に対応しています。Mi Box には Bluetooth リモコンが同梱するほか、別売でワイヤレスゲームパッド「Mi Game Controller」が提供されます。Mi Box は近々米国で発売される予定ですが、価格や発売日は 19 日(現地時間)に公開されます。Source : Facebook

■関連記事
Google、家族6人で有料アプリを共有できる「ファミリーライブラリ」を7月に提供へ
米国のGoogleストアで商品の表示方法が変わる
Android N Developer Preview 3で「Google日本語入力」がv2.18にアップデートされる。キーボードデザインが刷新、テーマが「マテリアル」だけに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。