ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自衛隊員は居眠りすると懲役もありえるって本当?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 日々、国防上の業務に従事し災害救助活動なども行う自衛隊員。

 さて、自衛隊員は居眠りすると懲役刑になる場合があるって本当?

(1)さすがにそれは厳しい。ウソ。
(2)それだけの厳しさが必要。本当

A.

正解(2)それだけの厳しさが必要。本当

 実は、条文を素直に読むと居眠りしたら懲役刑になる場合もありえます。
 それは、防衛出動といって外部から日本に対して武力攻撃がなされたときに出動を命じられるケースです(自衛隊法76条)。

 この場合、正当な理由がなく睡眠するなどして職務を怠った者には7年以下の懲役が科せられる場合がありえます(自衛隊法122条1項5号)。
 その他にも、防衛出動の状態で、酩酊したり、上官の命令に背いたりしても同様の罰則となっています。
 国の一大事には、厳戒態勢となるということです。

元記事

自衛隊員は居眠りすると懲役もありえるって本当?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP