ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneカメラをとアップルウォッチを連携させるアプリ「RemoteCam」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RemoteCamアップルウォッチのユーザーならもうご存知、ウォッチからiPhoneのカメラを操作するリモート撮影機能。

プレビューをウォッチで見ながらシャッターを切れるという便利なものだが、これをさらにグレードアップさせたアプリが「RemoteCam」。

ズームやフラッシュのオン・オフも操作できる上、手首をねじる動作でシャッターを切ることもできる。

・カメラの切り替えも

RemoteCamでは撮影時のコマンドが豊富に用意されている。例えば、iPhoneのズームを調整したり、フロントとバックのカメラを切り替えたり。

また、タイマー設定を変更することもできれば、撮影中のiPhoneのスクリーンをオフにすることも可能だ。

RemoteCam2・手首を振ってカメラ起動

そして最も特徴的なのが、ジェスチャーコントロールにも対応している点。ウォッチをはめた手首を振ってiPhoneのカメラを起動したり、手首をねじる動作でシャッターをきったりすることができる。

ウォッチの小さなスクリーンをタップするより素早く操作できるのでタイムリーな撮影ができ、自撮りにも重宝しそう。

アップルウォッチとiPhoneの両方を持っているという人は チェックしてみてはいかが。

RemoteCam/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。