ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウイスキーの琥珀色は税金がきっかけで生まれた!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウイスキーといえば、あの美しい琥珀色と独特の香りが特徴ですね。NHKの朝ドラ『マッサン』の影響で香り高いシングルモルトウイスキーが好きになったという人もいるのではないでしょうか。

ウイスキーは中世ヨーロッパで錬金術師たちがさまざまな実験をする過程で偶然作り出されたとされています。その誕生から18世紀後半まで、実はウイスキーは無色透明でこれといった香りもないアルコール飲料だったのです。それが変わったのが18世紀のスコットランドです。1707年にスコットランドはイングランドに併合されます。そして、財政難に苦しんでいたイングランドは、スコットランドで盛んに作られていたウイスキーの増税を決定。なんと、それまでの15倍という強烈な増税でした。当然、スコットランドでウイスキーを作っていた人びとは怒りました。イングランド政府に対する反感はこれでもかというほど高まったことでしょう。そんな税金払ってられるかということで、ウイスキー業者は人目のつかない山奥でウイスキーの密造を始めました。山の中なのでウイスキーを蒸留するための燃料にはピート(泥炭)を使い、できたウイスキーをシェリー酒の空樽に詰めて隠すようになったのですが、こうしてひっそりと密造したウイスキーの樽を町に運んで開けてみると、誰もがビックリ。無色透明、香りなしだったウイスキーに、樽の色と香り、そしてピートの風味が移ったことで、現在のような琥珀色であの芳醇な香りがする液体に変化していたのです。

皮肉なことに密造されたウイスキーはちゃんと税金を払った正規業者のウイスキーと比べて、味も香りも圧倒的に凌駕しており、当時のイングランド国王ジョージ4世までも密造ウイスキーを愛飲していたそうです。ちなみに、その銘柄が現在でも人気のスコッチ・ウイスキー「ザ・グレンリベット」。結局、国王が密造酒を飲むことがあってはならないということでイングランドはウイスキーの税率を下げ、政府公認のウイスキー蒸留所が次々と誕生していきました。世界中で愛されるウイスキーの味わいは、増税がもたらした思わぬ恩恵だったのです。

おすすめのレシピ

ウイスキーにぴったり!なチョコレートのお菓子

イタリアンチョコレートケーキのレシピ | 料理サプリ

ラム酒トリュフのレシピ | 料理サプリ

生チョコのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

たっぷり作って常備しておきたい夏のマリネレシピ
田んぼで踊る芸人??「味噌田楽」の意外な由来
伊達巻のルーツはロールケーキだった?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP