ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポイントを押さえておこう!奨学金の作文の書き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

奨学金の申請をする際、ほとんどの場合「申請理由」の作文が必要となります。申請を検討している方は、慣れていないと書くのが難しい場合もあるので、今回紹介するポイントをおさえて、申請理由の書き方を覚えましょう。

まずは奨学金がどんなものか理解する

奨学金は、「学校で学習する意欲があるのに、経済的な事情でそれが難しい人に給付あるいは貸し出すもの」です。したがって、申請理由では①学習する意欲があること、②経済的な事情でそれが難しいことを中心に書く必要があります。

勉強したことをどのように活かすか考える

大学などで勉強するのは、専門性を身につけて将来に活かすためです。奨学金の申請理由では「ただ勉強したい」というのではなく、「この勉強をどのように活かせるか」を意識しましょう。

経済的な事情は具体的に書く

経済的な事情は具体的に書く必要があります。単に「経済的に厳しいため」などと書くのではなく、「兄弟3人が全員私立学校に通っており、これ以上教育費を捻出できないため」などと、具体的な事情を説明しましょう。

なぜ勉強したいのか、もう一度考えてみよう

以上を踏まえれば、奨学金の申請理由を書きやすくなるでしょう。申請理由を書きながら「なぜ勉強したいのか」もう一度考え、申請理由を書きやすくするとともに、進学の理由も考えてみると良いでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

いつ寝ていつ起きるのが良い?知っておきたい理想の睡眠時間帯
専門学校に行きたい!志望動機の書き方はどうすればいいの?

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP