ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猛将・足利尊氏 武勇が災いし矢傷からの細菌感染で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「討死」や「謀殺」、「自決」によって英雄の最期はドラマチックに語り継がれるが、「病」に苦しみ、「病」と闘い、「病」に斃れた歴史上の人物の悩みはあまり知られていない。足利尊氏公(1305~1358年。享年52)の死因は何だったのか?

 鎌倉幕府を滅亡に追い込んだ室町幕府の初代征夷大将軍。尊氏は南北朝時代の歴史書『梅松論』に「戦場では命の危険をおそれず笑いながら勇猛に戦った」との記述があるほどの猛将で、幕府創設後も多くの戦いに赴いた。

 だが1358年、対立していた弟・直義の残党との戦いの最中、矢傷によって細菌感染。背中にできた腫れものが悪化し、敗血症を引き起こしたとされる。死を恐れない猛将も細菌には勝てなかった。

※病名などについては『戦国武将の死亡診断書』(酒井シヅ監修/エクスナレッジ刊)などを参考に記したが、病名や死因については諸説ある。生年・没年については『コンサイス日本人名事典』(第4版/三省堂)などを参考にした。享年は満年齢を基本としたが、出生・死亡日が不祥のものは数え年で表記したケースもある。

■監修/酒井シヅ(順天堂大学名誉教授)

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
落馬事故で死んだと言われる源頼朝 暗殺説や糖尿病説も存在
聖徳太子 死因は天然痘説が有力だが暗殺説も根強い
高熱で苦しんだ末に死んだ平清盛 死因はインフルエンザか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP