ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元夫・清原和博の公判も意に介せず 晴れやかな笑顔の亜希

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 紺色のスーツに白のワイシャツ、髭は剃られ頬はこけている。

──家族に対してはどう思いますか。
「2人の息子には、本当に申し訳なく思います…」

──覚せい剤の使用は、離婚が理由ですか。
「それも1つの理由です」

 うなだれながら、ぽつりぽつりと話す姿は、“番長”のイメージから遠い。5月17日、東京地裁で清原和博被告(48才)の初公判が開かれた。2月2日に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以降、公の場に姿を見せるのは105日ぶり。法廷での肉声を聞こうと、20人の一般傍聴席を求めて3769人(倍率188倍)が列を作った。

 果たして法廷で語られた清原の言葉は、元妻の亜希(47才)と2人の子供への未練に溢れていた。

「ひとりきりという寂しさやストレスに耐えきれなくなり、衝動的に(覚せい剤を)使ってしまいました。家族と会えない自分の状況や、薬物使用の噂などがあって…」
「子供に会いたいっす。会って、謝りたいです…」

 全国紙記者が語る。

「逮捕前から、清原は亜希さんにだいぶ執着していました。“あいつが子供を会わせようとしない”とか“おれの貯めた金を使い込んでる”とか…。悪口も多かったですが、一方で“離婚が何よりもショックだった”と未練も大きい様子でした。彼のそうした心境が、法廷でも吐露された形でした」

 元夫が逮捕されて以降、ファッション誌のタイアップ企画が相次いで消滅するなど、傷心の日々を過ごした亜希。3月には清原姓を捨ててモデル名を「亜希」に改名し、イチからの再出発を余儀なくされた。

 しかし、彼女は逆境から立ち直っていた。2月末に立ち上げた自身の新ブランド『AK+1』の売れ行きは上々。ブランド設立記念のトークショーも多くのファンが集まった。

 4月末に発売されたファッション誌『eclat』では、16ページに及ぶ「亜希特集」が掲載。同企画では、自身のプロデュース商品の紹介と共に、彼女の言葉が綴られている。

《何を一番に守るべきか、何が本当に必要なのかが明確になってきて、考え方や生き方がどんどんシンプルになってきました》
《子供たちを育て、食べて、寝て、仕事をして、一生懸命な日々の中、気がつかないうちに、私は心からの笑顔を取り戻すことができていた。どんなにつらいことがあっても、時間は止まっていなくて人生は続いていく》

 無駄なものを剥ぎ落とした結果、仕事だけでなくプライベートも充足した。清原の逮捕以降、都心の超名門私立中学に通う長男(13才)と同系列小学校に通う次男(10才)の送り迎えは亜希の実兄の日課だったが、最近は違う。

 5月上旬のある日、自ら愛車のハンドルを握り、次男を後部座席に乗せて自宅から出てくる亜希の姿があった。彼女は都心の駅で長男をピックアップすると、スーパーに立ち寄って母子3人の買い物を楽しんだ。子供たちに寄り添い、憑き物が落ちたように晴れやかな笑顔を見せる亜希がそこにいた。

「ここ数か月、撮影の時以外は家に引きこもりがちだったけど、ようやく表に出られるようになった。そこに来て、初公判でのあの発言…。心配でしたが、彼女は意に介せずでした。何を言われても母として子供を守る以外に大切なことはないんです。子供たちの送り迎えだけでなく、買い物や犬の散歩など、母親としてできることを前向きにやっています」(亜希の知人)

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
妻が出て行き清原和博邸がゴミ屋敷化 銀座ママ宅に入り浸り
清原和博氏の妻 「ああいう見た目だけど、根は優しい人」
薬物疑惑報道の清原和博 妻・亜希さんがやつれていたとの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP