ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カネの問題続く東京都知事 あまりに大きな予算と権限も影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 舛添要一東京都知事(67才)の政治資金私的使用疑惑について、ある都庁職員が深い溜息つきながらこう話す。

「もう1万件は超えたのではないでしょうか。あの会見以降、苦情の電話が鳴りっぱなしで、週明けに休みをとっていた職員でも、どうにか出てきてくれないかと頼み込まれた人もいるほどです。ただね、こう言ってはなんですが、政治資金の公私混同問題は、都知事になる前の話ですし、正直、われわれ都庁職員には答えられないんですよ。それを相手に伝えると、もう怒りのボルテージが上がって、上がって。受話器を耳から離しても声が聞こえてくるぐらいの大声で怒鳴られるんです…」

 舛添氏をめぐるクレーム電話は、3月に高額な海外出張費が問題になってから鳴りやむことはなく、むしろ日に日に急増しているという。

「こういう疑惑を持たれるということは政治家として誠に恥ずかしい。これからはいままで以上にしっかり働く」

 5月13日、東京都庁の定例会見で、一連の疑惑・騒動について謝罪した舛添氏。政治家としての責任をどう考えるかとの問いに、時折薄笑いを浮かべながらもはっきりした口調でそう答えたものの、日本中から集中砲火を浴びた。都民はもちろん怒り心頭だ。

「返金すればいいという問題じゃない。都政がこんなにも軽んじられていることに衝撃を受けました。正月の家族旅行で会議をしたって、子供もいる部屋ですよね? 日にちもなかったし、重要な会議だっていうなら、なおさら変な話ですよ。しかも2年連続って…」(東京・45才・派遣)

「近所で回転寿司食べながらって、いったいどんな会議だったのかしら? 海外出張にはファーストクラスで行って、スイートルームに泊まらなければいけないほど、都知事の仕事は重要だっていっているのに、なぁ~んか矛盾だらけ」(東京・52才・主婦)

 政治とカネの問題は、政治家にはつきもの。没後20年経ったいま、石原慎太郎元都知事の書いた『天才』がベストセラーとなり再評価されている田中角栄氏(享年75)も、国民のために奔走した結果の金権政治が原因で窮地に陥った。

 それにしても今回の舛添氏は公私混同が過ぎ、あまりに庶民感覚とかけ離れているように思えるが、実は東京都知事をめぐっては、「昔からよくある」というのは中堅の都庁職員。

「舛添さんが週末別荘に通っていることも非難されていますが、そもそも石原さんは、作家活動のため、登庁するのは週2~3回でしたし、画家の四男を海外出張に帯同させたときは“税金を私物化しすぎ”などと糾弾されました。でもご存じのように、その次の都知事選で石原さんは再選。猪瀬直樹さんだってお辞めになったのは金銭問題でしたよね」

 それだけに「舛添さん、あなたもか」といっそう怒りがわいてくるが、なぜこんな事態が繰り返されるのか?

 それは第一に、都知事が、全国の有権者1億人の1割に及ぶ1000万人から選ばれているということ。またその税収を含める都の財源は12兆円ともいわれ、他の自治体とは桁違いの差があるからだ。

 それゆえ都知事は首相より強い権力を持つともいわれている。裁量権も大きい。例えば新宿区の都有地問題。3月に、東京韓国学校に有償で貸し出す方針を突如打ち出したことが発端となり、保育園や介護施設などの増設よりも優先されてしまったことに、都民の怒りが爆発した形だが、これも都知事の一存で決められたといわれている。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
舛添要一都知事の初登庁日 女性蔑視問題視する団体がお出迎え
都知事は戦後わずか6人 都知事の権力や仕事を分析した本
舛添氏 都知事は総理へのステップと安倍氏をライバル視

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。