ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老人ホーム「紹介業者」の相談員はどんな仕事をする人?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『週刊ポスト』(5月6・13日合併号で特集した〈この「老人ホーム」がすごい! 厳選ランキング250〉は読者から大反響を呼んだ。

 ランキング企画のポイントは「施設選びのプロが選んだ」という点にあった。本誌は、関東・関西・東海地方の老人ホーム紹介業者の相談員による史上初めてのガチンコ投票を行ない、各地の施設を順位づけした。

 そのため、発売後には「相談員というのはどんな人たちなのか?」「紹介業者についてもっと知りたい」といった声も寄せられた。たしかに、経験したことがないと、「老人ホームの選び方、入り方」は具体的にイメージしにくい。都内に住む50代男性はこんな悩みを語る。

「一人暮らしをしていた母が転倒骨折して入院しました。退院しても元の暮らしに戻るのは難しそうなのでいいホームを探してあげたいのですが、数が多い上に、何を基準に選べばいいのかわからない。見学に行くにも時間は限られているし、病院に聞いても詳しいことをあまり知らない」

 そうしたニーズに応える存在として注目されているのが、利用者と施設の「橋渡し役」といえる紹介業者だ。施設への入居を希望する本人や家族から要望を聞き取り、相性がいいと思われる老人ホームを紹介する。

 もともとは行政や病院のケースワーカーが利用する「プロが頼るプロ」というビジネスだったが、近年は個人でも気軽に相談できる環境が整ってきている。東京都と神奈川県に相談室を置く紹介業者・ケアミックスの柴田彰社長が説明する。

「相談にいらっしゃる方の多くは、ネット検索で弊社サイト(お探し介護)を見つけて電話をくださいます。『老人ホーム紹介』といったキーワードにお住まいのエリアを加えて検索すると、都市部なら複数の業者が見つかるはずです。

 また、弊社を含めた紹介業者の多くは、地域の病院とも密に連携を取っているので、“病院に所属するケースワーカーに教えてもらった”という方も多いです。

 連絡をいただいたらすぐに日取りを決めて、直接お会いします。病院やご自宅にうかがうこともあれば、近所のファミレスや喫茶店でお話をすることもあります。どんな施設がいいのか、予算はどのくらいか、何が希望で何が不安か、といったことを聞いていきます」

 入居希望者のニーズは様々であるため、“マッチング”を成功させるには本人や家族から幅広い情報を聞き取る必要があるのだ。

「たとえば糖尿病を患っていてインスリン注射が必要な方の場合、認知症が進んで自己注射ができなくなるかもしれないので、看護師が24時間常駐する施設を優先して紹介したほうがいい。

 認知症の方には専門的なケアの教育を受けた職員のいる施設を、がんを患っている方なら、先のことを考えて緩和ケアに優れた施設をご提案することもあります。現時点のご要望をうかがうのはもちろん、将来のことも考えて、一緒に施設を絞り込んでいきます」(同前)

 東京都にある紹介業者・長寿の窓口の近藤一郎代表は、「ご家族の希望も大切」と語る。

「やはり、“お見舞いに行きやすい場所の施設がいい”というリクエストが多いので、エリアを限定して複数の候補を挙げ、同行見学をしながら絞り込んでいきます。

 入居後も仕事は終わりません。こちらから連絡して、困り事がないか確認しています。施設の方に直接伝えにくい要望も、我々紹介業者には気軽に話していただけることがある。それを適切に施設側に伝えたりして、入居後も橋渡し役を続けられるのが理想の相談員の姿と考えています」

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
厚労省が全国19万事業所を網羅 老人ホームデータベースの中身
プロが選んだ「自分の親に薦めたい老人ホーム」関西編TOP2
ホテルのように豪華で設備が充実している高齢者施設が増加中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP