ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元巨人・柳田真宏氏 スナック経営で巨人の名前の大きさ実感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のプロスポーツで最も人気が高いプロ野球において“球界の盟主”と呼ばれるのが読売ジャイアンツ。選手時代、常に注目され続けた“元巨人戦士”たちは、第2の人生をどう過ごしているのか?

「マムシ」の愛称で親しまれた柳田真宏(67)は22歳の頃、打撃コーチの国松彰と取っ組み合いの大喧嘩をした。毎日のように深夜4時まで指導通りにバットを振っても、結果が出ない。

 ある日、打撃練習中に国松が「何にもできてねえじゃねえか」と呟いた。柳田は「しょうがねえだろ!」と激高した。禁断ともいえる幹部批判。柳田は、川上哲治監督に事のあらましを伝え素直に謝罪した。

「国松もおまえを一人前にしようと思っているんだから頑張れ」

 クビを覚悟していた柳田を川上はたった一言で許した。国松が川上に報告していないことも悟った。「この人たちは信頼できる」と決意を新たにした柳田は代打の切り札としてV9の後期を支え、長嶋茂雄監督が「史上最強の5番打者」と評するまでに成長した。

 34歳で引退すると、大川栄策の『さざんかの宿』などを作曲した市川昭介の勧めで、歌手に転向。最初は断わったが、「(同い年の)大川だって頑張っているから大丈夫」という一言で考えを改めた。歌手としてラジオ日本主催の横浜音楽祭で新人賞を受賞。歌手活動の傍ら、38歳の時には六本木でクラブを始めた。

「最初の頃は『いらっしゃいませ』と頭を下げられず、『ああ、どうも』としか挨拶できなかった。元巨人選手というプライドがあったのかもしれない」

 現在は八王子に移りスナック『まむし36』を経営。店では今も美声を聞かせ、自ら料理も作る。東日本大震災以降は客脚が一気に減った。

「そんな時、黒江透修さんがゴルフのコンペ終わりに大勢連れてきてくれたり、常連さんが助けてくれたりした。巨人の名前の大きさを実感してます」

(文中敬称略)

■取材・文/岡野誠 ■撮影/佐藤敏和

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
川上監督を前にあの金田正一さえもが緊張で食事が喉を通らず
国松彰 V9巨人は大雨で試合が中止でも多摩川で休みなく練習
失言問題の柳田前法務相 丸川珠代氏に「お前はクズ」と連呼

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。