ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、モバイルデバイス向けのバーチャルリアリティプラットフォーム「Daydream」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われた Google I/O 2016 カンファレンスの基調講演で、モバイルデバイス向けのバーチャルリアリティプラットフォーム「Daydream」を発表しました。Daydream は、Android N を搭載したスマートフォンでハイクオリティなモバイル VR 体験を提供するためのハードウェア・ソフトウェア仕様を提供する枠組みです。Google は Daydream の中で、要件にマッチした VR 体験を提供できるよう、ディスプレイ、センサー、プロセッサなどのハードウェア仕様を設定しています。Google によると、Samsung や HTC、Alcatel、Huawei、Xiaomi などの多数の OEM は Daydream の採用を決めており、Daydream が正式に開始される今秋にも各社から Daydream 仕様に準拠したスマートフォンが発売される見込みです。Daydream に関連して、Android N には VR Mode と呼ばれる VR ヘッドセット着用時に VR 専用の UI を表示する仕組みが追加されました。このモードでは、Google Play ムービーや Google フォト、YouTube、ストリートビューをはじめとした Google アプリや提携各社の Daydream 対応アプリで VR 体験が可能になるほか、Google Play ストアも VR で利用できるようになります。

■関連記事
Google、Chrome OSにおけるAndroidアプリとGoogle Playストアのサポートを19日に発表へ
Google、Android N Developer Preview 3をベータ版としてリリース
Google、対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP