体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この人、仕事できなそう・・・」と思われないために気をつけたい5つの習慣

「この人、仕事できなそう・・・」と思われないために気をつけたい5つの習慣
shutterstock_93158575_3

profile_foolバカに見える人の習慣~知性を疑われる60のこと~(著:樋口 裕一)

本人も気づかないうちに、その人の“知性”を損ねていた「バカの素(もと)」は何か? 小論文指導の第一人者にして、250万部のミリオンセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』の著者が教える、近ごろ目立つ「バカに見える行動」から逆説的に学ぶ知的習慣のヒント。

現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、それを“良かれ”と思ってしまっていては、後々痛い目に合うのは自分自身。たとえば、書籍『バカに見える人の習慣』(樋口裕一・著)より紹介する5つの習慣に思い当たる節があれば、ぜひ気を付けて見て欲しい。

01.
思い込みで
自分を束縛する

shutterstock_186208430_2言うまでもないことだが、「私はこんな人間」と決めつけることは、自分を狭めることになる。「自分」というのはこれから自らの手で徐々に築き上げていくものだ。自分はまだまだほかの要素を持っている。

自分に限界を定めて何もしようとしない人間は、引っ込み思案になり、消極的になり、弱気になって、のちに周囲から「頼りにならない人間」と見なされてしまう。

02.
「過去」を基準に
物事を判断する

世間話や趣味の世界で「昔は良かった」と言っているだけなら、実害はない。それぞれの世界で過去のノスタルジーに浸ればいい。ところが、そういう人に限って仕事でも古い思想にこだわる。

「昔、俺に仕事を教えてくれた人たちはみんなすごかった。仕事に取り組む姿勢が、今とは違っていた。会社を大きくしたのはあの人たちだった」などと懐かしむ。しかし、「昔は良かった」という言葉は、言い換えれば「私は現代の世の中についていけません」という告白以外の何物でもない。いわば自分が現代社会においては愚かな存在であることを、自ら証拠立てているに等しい。

03.
失敗を失敗としか
考えられない

shutterstock_377450143_2「あの時、あんなことを言ってしまった。なぜ、私はあんなことを言ってしまったんだろう。私もつい調子に乗ってしまったのが失敗だった……」といった具合に、このタイプの人の思考は堂々巡りをすることが多い。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy