ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

空気の汚れを可視化!健康維持に役立つスマート空気センサー「uHoo」はiOSにも対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

uhoo_1空気の汚染というと、屋外に目を向けがちだが、実は室内も意外なほど汚れている。

最近よく耳にするシックハウス症候群も、室内空気の汚染によって引き起こされるもの。放っておくと重度の健康被害を起こしかねないので、幼児や高齢者がいる家庭は、特に注意が必要だ。

しかし、部屋の中がどういう状態にあるか、人間の力で感知するのは至難の技。そこで利用したいのが、この機器。室内空気の汚染を検出するスマートセンサー「uHoo」だ。

・温度や湿度など、8項目を管理

uhoo_2

温度や湿度をはじめ、8つの項目を管理する「uHoo」。二酸化炭素その他の状態がどうなっているか、常時専用アプリに表示される仕組みだ。

数値の可視化は、室内を安全に保つための迅速な行動につながる。二酸化炭素の数値が高いなら、窓を開けて空気を入れ替えればいい。大気中化学物質の量が多ければ、そうした問題を起こしやすいホームクリーニング製品の使用を避ける。

花粉などの粒子状物質が上がっているときは、まめに拭き掃除を。オゾンが上昇していたら、電子機器の電源を切るようにする。本品開発の目的は、こうした行動の喚起にあるのだ。

・汚染がひどいときはアラート通知uhoo_3

汚染レベルが特にひどい場合は、スマホからアラートが通知される。ユーザーの他、家族や友人にも同時送信。本人が不在でも、家の中にいる誰かが、対応できるというわけだ。

製品は現在、Indiegogoに出品中。プレオーダー価格は、89ドル(約9,700円)から。支援受け付けは、6月9日まで。出荷開始は、12月を予定している。

uHoo/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。