ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、新メッセージアプリ「Allo」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われた Google I/O 2016 カンファレンスの基調講演で、新しいメッセージングアプリ「Allo」を発表しました。Allo はハングアウトや LINE のようなチャットアプリで、一対一のチャット、グループチャットが行えます。Google は Allo を基調講演の序盤で紹介していたので、力を入れている新プロダクトと見られます。Allo は単なるチャットアプリではなく、様々な最新技術を盛り込んだ次世代のチャットアプリとも言えます。特徴は多彩な表現方法をサポートしたところ、Google Assistant に対応しているところ、高いセキュリティを実現したところです。Allo では、テキストや絵文字、スタンプ、画像をメッセージとして送信できるのですが、「シャウト」機能で文字を拡大すると、例えば「驚き」を表現することができます。また、画像は画面の横幅を一杯に使って見やすく表示され、手描き文字を書き込むこともできます。Google Assistant の導入によって、表示コンテンツや会話の文脈を認識し、質問への返答や投稿された画像への感想やリアクションが選択肢として表示され、いずれかをタップするだけで、すぐに返信することができます。さらに Google 検索の結果や YouTube 動画の埋め込みも可能です。セキュリティ機能については、Incognito モードを利用すると、エンドツーエンドのメッセージ暗号化や時限メッセージの送信などが可能になります。Allo は年内リリース予定です。Source : Google

■関連記事
Google、対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」を発表
Google、マンツーマンのビデオ通話アプリ「Duo」を発表
Google、Android Nのコードネームをネットで公募

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP