ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスピエ ついに最新アー写で顔出し! その真意とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。火曜担当のナビゲーターはパスピエ。5月17日のオンエアでは大胡田(Vo)、成田(Key)、露崎(Ba)の3人が登場し、気になる最新のアーティスト写真について真意を明かしました。

パスピエといえば、今までメディアに出回るすべての写真やPVが、顔の一部を隠していたり、ピントが合っていなかったりと、メンバーの顔がはっきり確認できるものはありませんでした。ところが、先日発表したアーティスト写真ではついに顔出しを解禁し、メンバー5人の顔がはっきり写っています!

これにはリスナーからも驚きのメールが! また「なぜ、このタイミングで顔出しを解禁したの?」という質問も寄せられ、パスピエの作曲を手がける成田が以下のようにコメントしました。

「顔を出すということについて、顔を出していない、いろんなバンドがいるなかで、パスピエはずっとグレーゾーンをさまよってきたわけじゃないですか? でも、決して隠したくてとか、出すのが嫌でとかではなく、面白がってやっていたんです。で、去年3rdアルバム出して、武道館公演も終えて、一つの節目を迎えたなと思って、2016年から何か変えていこうという話をしたときに“じゃあ、そういうトライもしてみようか”という話も出て(顔出しを)やってみたの。

でも、そのときに曲作りもはじめていたのだけど、あんまりバサッと変えたくなくて。変えるなら“つなぐ”作業も必要かなと思って『ヨアケマエ』っていう曲を作って。『ヨアケマエ』は先月リリースしたわけですが、前のパスピエとこれからのパスピエをつないでくれる大事な曲かなと思っております」(成田)

さらに、今回公開されたアーティスト写真は、レザージャケット姿のメンバーの前に、盆栽という印象的な構図で「この写真はどういうコンセプトなのか?」という質問も。こちらの質問にはパスピエのビジュアル担当、大胡田が回答しました。

「結構前に枯山水で撮影がしたいと思ったことがあって。で、枯山水から派生して盆栽いいなと思っていたんだけど、まず盆栽がなかなか借りられなくて。でも、今回撮影のセッティングをしている方が借りられるところを見つけてくれて、ひとつ私の夢が叶ったの。(レザージャケットは)最初、銀色にしましょうって言っていたの。で、フィッティングのときに、火星人みたいになっちゃって。でもテラッとした方がいいよねってことで、このレザージャケットになりました」(大胡田)

また、これからのパスピエについて、成田は「(顔を出して)残念がる人もいるだろうけど、パスピエの根本のスタイルはまったく変わっていない。いい曲といいライブを届けていくという2つの軸を中心に、もっと面白いことに手を出していければ」と意気込みを語りました。

7月27日(水)に両A面シングル「永すぎた春/ハイパーリアリスト」の発売が決定したことも報告したパスピエ。顔を出し、新曲の発売も決定し、勢いに乗る今後に大注目ですね♪

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

パスピエ大胡田 緊張をほぐす妙案を披露!(2016年05月04日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1511.html

パスピエがライブで一番疲れる曲は「トキノワ」に決定!?(2016年04月20日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1424.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP