ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“痛みを経験してこそ母性が” “帝王切開は楽” に目玉飛び出そう! by チカ母

DATE:
  • ガジェット通信を≫

痛いには痛かったのですが、痛みの強い時間は本当に短かったです。

多分、10分もなかったと思います。

その10分の間も、ここからまだ痛くなるんだろうなぁ…!と構えていたら

いきんでいいよと言われ、そのまま痛みの波が引いていったので

痛みのピーク自体ももしかしたら弱い方だったのかもしれません。

しかも妊娠中はつわりは無かったと言っていいほど軽く(たまねぎの匂いが苦手になった程度)、産後も順調に回復したため、私の妊娠・出産話は周りの方からとても羨ましがられます。 チカ母さんの妊娠中エピソード:胎内からの指令!?謎の使命感に突き動かされ、「今日は絶対オムライス」

なので、たまーに見聞きする「痛みに耐える自然分娩は偉大だ」「だから帝王切開は楽だ」といった内容にはとても違和感を覚えます。目玉飛び出そうです。

自然分娩でも、痛みも苦労もあまり経験していないのがここにいます!

一方、こんな方も…

この方は帝王切開です。

痛みが母性と繋がるというのなら、この方の母性は多分バイカル湖より深い

身近な先輩、母が私を産んだ時は、大量の出血があったり、強い痛みが何時間も続いたりしたそうです。

そんな母に、「産むときに苦労した分、子どもが可愛かったか」を聞いてみたところ

そこは関係ないとの答えでした。

どんな産み方であろうと子どもへの愛情に変わりなし” “子どもを育てる中で手をかけた分だけ大事な存在になる”のだそうですよ。

チカ母さんの人気記事:納得!新生児あるある、「お母さんの抱っこだと泣く」の謎解ける

著者:チカ母

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳

2014年6月に娘・チカを出産。同年8月より育児絵日記ブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」を開始。抱っこが大好きな娘のお陰で、腕だけやたらとたくましいお母さんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

チカ母さんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

第2子妊娠中に判明した顎の腫れ…。体重管理して安産後、ようやく手術可能に
いろいろ「想定外」だった初出産。でも「お母さん」は乗り越えられるんだ!と実感
「まだ?」「うまれた?」って、うるさい!!予定日超過、まわりのソワソワ具合に荒む妊婦 by ゆずぽん

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP