ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WEEKEND CINEMA vol.8 フランス女優対決!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

main_s
アンスティチュ・フランセ東京で定期的に開催している上映会、WEEKEND CINEMA Vol.8の開催が決定した。今回は、フランス女優対決 ~ドヌーヴ VS ユペール~と題して、フランソワ・トリュフォー監督の「暗くなるまでこの恋を」と、クロード・シャブロル監督の「甘い罠」の二作品を上映。作家たちに愛され国際的に活躍する稀代の女優、カトリーヌ・ドヌーヴと、イザベル・ユペール。数々の名作に出演し、その美しい魅力で人々を翻弄してきた2人の悪女/美女に注目した上映会だ。
main_d

Beauties presents
WEEKEND CINEMA Vol.8
「フランス女優対決 ~ドヌーヴ VS ユペール~巨匠たちが愛したふたりの女優」

上映日:6月4日(土)、5日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京“エスパス・イマージュ”(飯田橋)
料金:一律800円
上映作品:
「暗くなるまでこの恋を」
1969 年/ 123 分 カラー/デジタル
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ ジャン=ポール・ベルモンド
「暗くなるまでこの恋を」サブ(c)1969 Les films du Carrosse / Les Productions Artistes Associés / Produzione Associate Delphi’s

原作は、ウィリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチ)の『暗闇のワルツ』。仏領レユニヨン島で煙草工場を営むルイは、写真で見合いをしただけの婚約者の到着を待つ。そこにやってきたのは写真とは別人の美女。訝りながらも彼女の美しさに骨抜きにされるルイだが、女は彼の全財産を持って行方をくらましてしまう。こうしてふたりの愛の駆け引きと逃避行が始まる。『勝手にしやがれ』で一躍スターとなったジャン=ポール・ベルモンドが、カトリーヌ・ドヌーヴ演じる謎の美女に翻弄され堕ちていく。イブ・サンローランの華麗な衣装を身にまとうドヌーヴの圧倒的な美しさにひたすら見惚れてしまう。トリュフォーのヒッチコックへの敬愛の念が随所に感じられる、本格的ラブロマンス・ミステリー。

「甘い罠」
2000年/99分 カラー/デジタル
監督:クロード・シャブロル
出演:イザベル・ユペール アナ・ムグラリス
「甘い罠」 サブ1「甘い罠」 サブ2© Jérémie Nassif

ブルジョワ家庭の緩慢な崩壊を描いたシャブロル流サスペンス。原作は、米作家シャーロット・アームストロングの『見えない蜘蛛の巣』。裕福な家庭に育ったミカは、親友リズベットが事故で死去した後、彼女の夫でピアニストのアンドレと再婚。前妻の息子と3人、郊外の屋敷で穏やかに暮らしていた。そんななか、野心的な娘ジャンヌの闖入によって、ミカの心の闇が次第に明らかになる。シャブロル監督の数々の作品に主演したイザベル・ユペールが、愛情に飢え、歪なコンプレックスを抱える美しき中年女性ミカを見事に演じる。彼女の企てる犯罪とその闇が次第に明らかになるなか、美しく奏でられるリストの「葬送」 がドラマのスリリングさをさらに助長させる。

 

【トークイベント】
6月4日(土)18:00~『暗くなるまでこの恋を』上映終了後(20:05 頃~)
内容: 廣瀬純さん(映画批評家)トーク《『暗くなるまでこの恋を』と女優カトリーヌ・ドヌーヴ》(40 分程度)
公式HP:http://mermaidfilms.co.jp/beauties/vol08/

配給:マーメイドフィルム

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。