体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファァミマがローソンに挑戦状! 一口から揚げカップで真っ向勝負!

20160518-IMG_0163-001

ファミマ「ファミマのからあげ」とローソンの「からあげクン」

2016年5月17日、ファミリーマートのホットスナックコーナーにローソンへの挑戦状が並べられました。

それはローソンの「からあげクン」と同じく、紙カップ入りの一口から揚げ。

その名も「ファミマのからあげ」、ファミチキなどと同様ファミリーマートブランドを前面に押し出したネーミングに自信が表れています。

名前だけでなく味のほうも伝説のから揚げ専門店、中津からあげ「もり山」監修と大変な気合の入れようです。

となると気になるのは、はたしてどっちがうまいのか。

そこでこの場を借りましてファミマ対ローソン“一口から揚げカップ”対決を執り行いたいと思います。

選手紹介:おなじみローソン「からあげクン」

一口サイズのスマートな姿。

20160518-IMG_0178

手軽につまんで食べるのによし

ではまず挑戦を受ける側、おなじみ「からあげクン」から見ていきましょう。

一口サイズのから揚げが5個入った、今年30周年を迎える人気者です。

一つ一つがすっきり丸い姿で食べやすそう。

選手紹介:「もり山」特製レシピのファミマ「ファミマのからあげ」

「もり山」特製レシピ使用の“から揚げ”。

20160518-IMG_0174

醤油とにんにくが利いてます

対する「ファミマのからあげ」、塩味もありますが今回はしょうゆ味をチョイスしました。

これは「もり山」がファミマのために書き下ろした特製レシピを使用。

鶏肉を3種類の醤油とニンニク、生姜が入ったたれに漬け込んで、本場中津のからあげを思わせる味付けとなっています。

皿の上で両雄対峙

倍ほども大きい「ファミマのからあげ」。

20160518-IMG_0168

1円当たりの重量も1.4倍

並べてみると大きさの差がよくわかります。

「ファミマのからあげ」は「からあげクン」の倍以上の大きさがあるように見えますね。

「からあげクン」は文字通り一口サイズですっきり丸く、「ファミマのからあげ」は醤油色に染まったゴツゴツした姿がいかにも“から揚げ!”という感じです。

5個入りの「からあげクン」に対して「ファミマのからあげ」は4個入りですが、1個の大きさがこれだけ違うとむしろ「ファミマのからあげ」のほうが1パック辺りのボリュームがありそう。

実際重さを量ってみると、「からあげクン」が正味85g、「ファミマのからあげ」が正味134gとおよそ1.6倍ほどにもなっていました。

さらに値段も加味すると「からあげクン」は216円(税込)で1gあたり2.54円、「ファミマのからあげ」は240円(税込)で1gあたり1.79円。

ボリューム・コスパとも、完全に「ファミマのからあげ」の圧勝です。

衣の中のお味はいかに?

モモ肉使用の「ファミマのからあげ」と胸肉+ミンチの「からあげクン」。

20160518-IMG_0184
1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。