体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?
しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。以下を見ればその理由が分かるはず。

建物の形状や、そこにある「モノ」とシンクロ!

「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

そう、リトアニア出身のアーティストErnest Zacharevicが描くのは、建物の形状やそこにある「モノ」と上手くシンクロするように計算された作品。リアルに存在しているリヤカーとオランウータンが見事に融合していますよね。
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

海に捨てられたゴミすらも、彼にとっては作品の一部。
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

Photo by Ignas Falkauskas

「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

お見事。
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)
「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

Photo by Maciej Krüger

「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

彼の作品は、母国リトアニアにとどまることなく、ヨーロッパ各国、アメリカ、マレーシアなどに点在している模様。もっと見てみたい!という人はHPをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by ERNEST ZACHAREVIC

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy