ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本茶をとことん堪能できるお店で、抹茶ビアガーデンが開催!(6月〜9月)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」を訪れてみては?素敵な空間で、こだわりの茶葉をふんだんに使ったお酒や料理が楽しめます。

2016年6月1日〜9月30日にかけては、夏季限定イベントが開催。

夏、日本茶に酔いしれよう

え、お茶とビール?斬新な掛けあわせ──。ですが、どちらも好きな人であれば、イメージするだけでその魅力が直感的に感じられるかも。

清涼感のある抹茶フレーバーと、たまらないビールの喉越し。そのほかにも珍しい商品がズラリ。どれも必見です。

「1899抹茶ビール」

お店の看板メニューと言っても過言ではないこちらのビール。一度体験しておいて損はないでしょう!「1899抹茶黒ビール」もあります。

「1899ほうじ茶黒ビール」

一方こちらは新メニュー。黒ビール独特のコクと香ばしさは、ほうじ茶の苦みと相性ピッタリ!

3,800円の飲み放題(2時間)メニューには、下記のものが含まれています。普通のビールが選べるので、飲み慣れた味と比べてみるのも◎。

・1899抹茶ビール
・1899抹茶黒ビール
・1899ノンアル抹茶ビール
・1899ほうじ茶黒ビール
・生ビール
・黒ビール
・ハーフ&ハーフ
・瓶ビール
・ノンアルコールビール・おつまみお茶料理1品付き 

お酒のあては、お茶料理!

写真は2〜3名向けの「ビアガーデンセット(3,000円)」。どれも、ビールに相性ぴったりな抹茶を、たっぷりまぶしたお茶づくしの5品盛り合わせ。

抹茶塩で食べるポテトフライ。抹茶味噌で食べる野菜スティック。抹茶ソースをかけたスモークサーモン。国産茶豆に、日替わり肉のお茶料理。こちらはビアガーデン期間限定の商品です。

さらに、豊富な通常メニューも見逃せません。

「お茶カクテル」

上の画像は「1899抹茶ワイン」。甘口の白ワインに抹茶を独自ブレンド。

抹茶ビアガーデンの飲み放題メニューには含まれていませんが、緑茶梅酒や焼酎(麦、芋、米) の江戸番茶割りなども。う〜ん、飲み過ぎに要注意!

「茶を食す」ディナー



ディナーメニューでは、「抹茶ぽてとサラダ」や「抹茶とろろがたっぷりかかった出汁巻き玉子」など、ヘルシーなお茶の特性を生かしながら、特に野菜にこだわった多彩なメニューが楽しめます。「ウェルカムティー」や「茶香炉」で、安らぎのひとときを満喫できますよ♪

「お濃茶フォンデュ」

季節の果物をお茶にディップ。こちらも一度は試してみたくなる一品。メニューはコチラから確認できますが、ランチメニューにカフェメニューと、どれもこれも気になるものばかり。

ビアガーデンを待たずに、一足先に覗いちゃう?


Licensed material used with permission by GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP