体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキマスイッチ、「夏のコスモナウト」が北海道マラソン2016オフィシャルソングに

スキマスイッチ、「夏のコスモナウト」が北海道マラソン2016オフィシャルソングに

8月28日に開催されるフルマラソン大会「第30回記念 北海道マラソン2016」オフィシャルソングに、スキマスイッチの「夏のコスモナウト」が起用されることが発表された。

「夏のコスモナウト」は2014年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)応援歌として制作された楽曲で、“全力の汗を応援する”をテーマに、「聴いた人の胸を熱くする楽曲にしたい」という想いが込められており、「夏のチャレンジ」を想起させる歌詞とメロディが、北海道マラソンのイメージにマッチしていることから、この曲の北海道マラソン2016オフィシャルソングへの起用が決まった。

スキマスイッチ コメント
北海道マラソンという歴史ある大会の30回記念大会に、オフィシャルソングとして、関われることを大変嬉しく思っています!スポーツにはスタートがあり、形は違えどそれぞれのゴールもあります。そんなスタートする前のドキドキとゴール後の達成感を歌にしたのが、この「夏のコスモナウト」という楽曲です。歌詞の内容は、打ち上げ花火になぞらえたロケットに乗り込んだ宇宙飛行士の心のうちをイメージしています。そんな“思い切りスポーツより”な楽曲が、デビュー時から大変お世話になっている北海道という場所で行われる最大のマラソン大会で使っていただけることに、今から打ち上げ前のごとく興奮しています。大会当日の8月28日には、北海道マラソンを舞台にいくつもの素晴らしい花火が打ちあがることと思います。この日が北海道、そして北海道マラソンに参加されるランナーの皆さんにとって忘れられない一日になりますよう心より願い、応援しています!!

「第30回記念 北海道マラソン2016」
http://www.hokkaido-marathon.com/

関連リンク

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy