体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【堀江愛利×奥田浩美】シリコンバレーで注目の女性起業家アクセラレーターが語る、日本の女性リーダーに必要なストラテジー

UberやAirbnbなどの注目スタートアップを生み出し、FintechやIoT、ヘルスケアなど、さまざまな最新ビジネスやテクノロジーを世に送り出してきたシリコンバレー。しかし、そのイノベーションの聖地・シリコンバレーにおいても、いまだビジネスやワークスタイルは男性中心なのだという。

そのシリコンバレーで「Women’s Startup Lab」を創業し、女性起業家を育成する堀江愛利さんと、海外の最新技術や数々のスタートアップ企業に携わってきた奥田浩美さんに、女性リーダーが抱える課題や対策について語っていただいた。

f:id:pinq4387:20160420230948j:plain

シリコンバレーで女性起業家養成所を立ち上げた背景

奥田:まずは、堀江さんがなぜシリコンバレーで女性起業家のアクセラレーター(短期養成所)「Women’s Startup Lab」を立ち上げたのかをお聞かせください。

堀江:私がスタートアップをやっていた頃に、私自身がもがいていたからですね。シリコンバレーは若い男性が多く、女性起業家の数がとても少ないんです。最初はそこに特別な問題意識はなかったんですけども、彼らは女性の出すアイデアに対しては、全然のってこない。「3時間しか寝ていないよ」みたいな会話が挨拶代わりになっていて、「そこまで捧げてこそスタートアップだ」みたいな勘違いばかり。ただでさえ女性が起業するには大変な環境なのに、子どもを育てながらでの起業は三重苦のようだと感じていたんですよね。

シリコンバレーはスピードが勝負だと言われますが、子育てしながらではキツいこともある。3か月でサービスを作り上げるスタートアップだけじゃなく、サポートを受けて6カ月かかってでも有益なサービスを世に出すやり方があってもいいじゃないかと。成功手段、達成モデルは一つじゃなくていいと思うんです。

f:id:pinq4387:20160421000908j:plain

Women’s Startup Lab 代表取締役 堀江愛利さん

1997年にカリフォルニア州立大を卒業後、IBMでのグローバルマーケティングの仕事を皮切りに、シリコンバレーのハイテク企業でマーケティングを手掛ける。2013年にWomen’s Startup Labを創業。最近では、CNN「10人のビジョナリーウーマン」や雑誌マリクレール「男女比を変える20人の女性」に選ばれた。(全米にて注目する女性40名の一人として“40over40 Award”に選ばれ、またSXSW Interactiveでは Featured Speaker 2015として活躍し、またSXSW V2V 2014 ではキーノートスピーカーを務め、ウォールストリートジャーナルやフォーチュン、ビジネスウィークなど多くの有力メディアに取り上げられている。

奥田:成果の出し方はみんな同じじゃなくていい、という意見にはとても共感できます。女性の起業家をサポートしたいと考えた、具体的なきっかけは何ですか?

堀江:スタンフォードで20年ぐらい看護師をしていた女性が考えたスタートアップのアイデアが最も印象的な出来事でしたね。看護師と医師、介護福祉士は、薬の量やその日の症状など、あらゆる情報をすべてシェアし合い、患者にもきちんとコミュニケーションをとらなくてはいけないのですが、実はうまくできていない。一番つらいのは患者さんだけど、介護をするほうも負担が大きい。それをプラットフォーム化して、最適化しようというのが彼女のアイデアでした。

私は、これは絶対必要なプラットフォームだと思いました。ところがそのアイデアに対して、誰もサポートしたいと言わなかったんです。彼女がすごくがっかりして帰る後ろ姿を見て、「ああ、こんなんじゃ新しい社会は生まれない」と勝手に責任を感じたんですね。そこで、女性に特化した起業家養成所「Women’s Startup Lab」を始めたんです。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy