ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

国内開発!自走して映像を映し出すトランスフォーマーなロボット「Tipron」に注目

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
typron_2海外のみならず、日本国内でもここ数年、高精度なロボットが次々と開発されている。

東京・神田を拠点に事業展開するCerevoが発表したのは、プロジェクタ搭載の可変型ロボット「Tipron(ティプロン)」。“CES 2016”で実機展示され、話題を呼んだプロダクトだ。

・投影場所まで自力で移動

tipron_1「Tipron」は、3メートルの距離から80インチの投影ができる機能を備えた、自走型のホームロボット。投影場所まで、人の手を借りず全自動で移動する。

本体上部のプロジェクタ・ユニットは縦方向、左右方向への向きに加え、左右それぞれの方向に回転。壁や天井など好きな位置に対し、上下左右それぞれの方向へ台形補正をかけつつ、映像を投影できる。

移動は指定した場所の他、自動で充電ステーションまで戻る機能も搭載。スケジュールを設定し、決まった時間に場所を指示することも可能だ。さらに、スマートフォンアプリからの手動操縦にも対応。本体に搭載したカメラの映像を、スマートフォンでストリーミング再生しながら操縦できる。

・インターネット動画にも対応

typron_3ストレージに保存した動画を映すのはもちろん、背面に搭載したHDCP対応のHDMI端子を使って、パソコンやレコーダーの画面を表示することも可。Chromecastなどのワイヤレス映像伝送機器を活用して、室内の好きな場所でインターネット配信の動画を投影するなど、さまざまな楽しみ方を提供する。

Twitterのハッシュタグやタイムライン、ニュースといった情報を登録し、好みのタイミングで好みの場所に、特定の情報を表示するというネット連携機能もある。これについては今後拡張し、多数の動画配信サービスに対応する予定だ。

ホームユースからオフィスまで、あらゆる場面で活躍しそうな「Tipron」。価格は、10万~20万円以内を予定。年内には発売する見込みだという。

Tipron

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。