ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

言葉の新イメージを『大辞泉』が公募 今年のお題は「夢」等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今日は○○の日です!」──毎朝、テレビ番組などで紹介されている、ニッポンのさまざまな記念日。各企業や業界団体などが、PRのために知恵をしぼり、さまざまな記念日を発案している。これらを「認定」しPRの手助けをしてくれるのが、一般社団法人「日本記念日協会」だ。

 同協会によると、日本の記念日は約2400もあるという。そんななか、5月18日は、こ(5)とば(18)の語呂合わせから「言葉の日」とされている。誰が言い出したのかは定かでないが、出版社など「言葉」を扱う企業などがさまざまなイベントを仕掛けている。国語辞典『大辞泉』(小学館)も、そのひとつだ。『大辞泉』の板倉俊編集長が語る。

「国語辞典というとお堅いイメージがあることでしょう。現代では一般の方々の自由な言葉づかいや、新しいユニークな意味づけなど、その柔軟さに追いついていないと感じていました」

 そこで『大辞泉』では、言葉の日の5月18日から、国語辞典に採録する語釈(言葉の意味)に、ひろく一般からの声を取り入れるキャンペーンを企画した。

 題して「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」。【夢】【宇宙】【歌】【個性】【子育て】【上司】【昭和】【情報】【癒やし】【コンビニ】という10の言葉を編集部がピックアップ。自身がイメージするこれらの意味を投稿すると、優秀作は、アプリやweb辞書などでおなじみの『デジタル大辞泉』に掲載される。

「たとえば『馬鹿』という言葉。辞書には罵りの意味しか掲載されていませんが、現代では、男女間などで甘えの場面や、叱咤激励の場面で使われています。そんな言葉の多面的なイメージを寄せていただきたいのです」(同前)

 この企画、今回で4回目。昨年は、以下の様なイメージが寄せられている。

【スマホ】我々を操っているもの。人間リモコン。(BANACIAさん)
【仕事】やればやるほど増えるもの。(のびたさん)
【アイドル】昭和では高嶺の花。平成では路傍の石。(jackさん)

「掲載されるのは、それぞれの言葉の〈補説〉の欄です。国語の専門家が書いた通常の語釈欄はそのままですから、辞書としての信頼性は保ちつつ、言葉の広がりを盛り込んでいきます」(同前)

 今回はほかに、辞書に載っていない新語や、既に載っているが新しい意味が加わった言葉などを募集する「大辞泉が選ぶ新語大賞」キャンペーンも併催する。たとえば【王子】という言葉には最近、「その団体や分野などで実力・人気があり、容貌もすぐれた若い男性」という意味も加えられた。「ハンカチ王子」などに代表されるように、王族でないイケメンも【王子】と呼ばれることが増えたことによる加筆だ。

「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」のキャンペーンサイト(http://kotoba.daijisen.jp)などから投稿できる。全応募者から3名に「iPad mini 4」がプレゼントされる。「大辞泉が選ぶ新語大賞」は別サイト(http://daijisen.jp/shingo)から。こちらは毎月30名に月間賞「Amazonギフト券(500円分)」が、キャンペーン終了後、1名に大賞「同(1万円分)」が贈られる。詳しくはそれぞれのサイトで。

【関連記事】
『三国』『新明解』の間にある昭和辞書史上最大の謎に迫る書
盗作にまつわる様々な事象を検証しつつ言葉の深さに触れる本
きゃりーぱみゅぱみゅ 人気アニメキャラのおとぼけしぐさを披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP