ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

背筋がゾクっとする…!不気味だけど魅力的な世界の奇怪スポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんはヒヤっとさせられるような世界の不気味な珍名所がたくさんあることを知っていますか?それらのスポットは日本国内で感じられないような雰囲気を体験することができます。

そんな中でも今回は絶対に一度は訪れるべきなスポットを7つ紹介しようと思います。

 

カタコーム(パリ)

photo by Alpha TangoBravo/ Adam Baker

photo by quinet

ここは町の中心街の真下に位置している、納骨所かつお墓です。カタコンベとはフランス語で地下の墓という意味。また約6万人もの人の死体が埋葬されている共同墓地です。

ここは地下にあるのでトンネルのようになっており、そのトンネルの両側の壁は全部人骨でできていることもこのスポットの特徴です。

 

浮かぶマンセル海要塞(イングランド)

photo by stevecadman

まるでアニメの世界かのようなこの場所は第二次世界大戦中にナチスの侵略からイングランドを守るために作られたと言われています。

現在では半世紀以上たっていることもあり誰も使うことはありませんが、廃墟になった姿として残っています。

 

カバヤン・ミイラ洞窟(フィリピン)

photo by davidcstone

みなさんはミイラを実際に見たことはありますか?あまり目にしたことのある人は少ないのではないでしょうか。ここは人工的につくられた洞窟であり、なおかつたくさんのミイラが保管されていることで有名な場所です。

また世界で最も隔離されている場所ともいわれています。不思議な雰囲気を楽しみたい方にぴったりな場所です。

 

人形島(メキシコ)

photo by 53Kevin

photo by Esparta

ここは世界で最も禁断の地とされている場所として有名です。また別名「呪われた島」とよばれています。そしてこのように人形を集めるようになったきっかけは、ある少女の霊を供養するためだったそうです。

それにしてもすごい量の人形ですよね。自分の度量を試してみたい!そんな方におすすめです。

 

十字架の丘(リトアニア)

photo by Arian Zwegers

リトアニアの世界遺産でもある、十字架の丘。元は戦争中のソ連の弾圧に対して無言の抗議として作られた場所です。

そして今では10万以上の十字架が設置されており、十字架の森みたいになっています。また近年は宗教弾圧とは関係なく、身近な人が亡くなったと記念碑として十字架を立てにくるひともたくさんいます。

 

悪魔の鼻(エクアドル)

photo by Carine06

この山は2600メートル級のアンデス山中越えが有名とされています。またここはエクアドルの蒸気機関車が通る道でもあります。

自然を満喫しながら観光できるなんて素敵ですよね。

 

アコデッセワ・フェティッシュ市場(トーゴ)

photo by shutterstock

西アフリカにある、トーゴの首都ローメは宗教の一種であるブードゥーが生まれたとされる土地です。アコデッセワ・フェティッシュ市場、ここでは人骨や動物の死骸など儀式や呪術に必要なものが揃っています。

ブードゥーの世界では、生死を問わずこの世界に存在するものに敬意を払う風習から、そのようなものが大切に取り残されていると言います。

 

まとめ

いかがでしたか?見ているだけでヒヤっとされた方もいるのではないでしょうか。このような奇妙なスポットの多くは現地の歴史に基づいているため、現地にまつわる知識を新たに学べます。

またそこでしか絶対に味わうことのない体験ができるので内容の濃い思い出ができること、間違いなしです。みなさんも一度行ってみてはいかかでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

ベテランバックパッカーが教える「チェンマイ」の節約術とは?おすすめは24時間150円のレンタサイクル!
【お土産】何にしよう?迷うあなたにオススメのアジア雑貨10選
5月21日開催!世界最大のフードカーニバル「Restaurant Day」とは?
函館の観光スポット10選!北海道新幹線が開業してますます盛り上がる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP