ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作曲家、シンセサイザー第一人者 冨田勲の追悼チャート アルバム同時6枚チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫
作曲家、シンセサイザー第一人者 冨田勲の追悼チャート アルバム同時6枚チャートイン

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、20位中6枚が冨田勲のアルバムがチャートインという異例の結果となった。シンセサイザーを日本に紹介し、電子音楽を広めた第一人者、冨田勲が5月5日にこの世を去り、8日に各メディアが一斉にその訃報を報じた直後であり、さながら冨田勲の追悼チャートの様相となった。

 1974年に発表したシンセサイザー音楽作品のデビュー・アルバム『月の光』が3位、2012年にリリースしたリメイク版『月の光 ULTIMATE EDITION』も12位に登場。その他、米ビルボードのクラシックチャートで第1位を獲得した『惑星』は7位、『展覧会の絵』は10位。そして存命中 最後にリリースされた『オホーツク幻想』が8位、13位には宮沢賢治に着想し初音ミクとオケの共演で話題となった2012年の『イーハトーヴ交響曲』がチャートインした。

 第1位は先週に引き続き葉加瀬太郎、高嶋ちさ子、古澤巌による『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』となり、これで3週連続の第1位となった。連続上位チャートインは、全国5カ所6公演開催の公演【HATS MUSIC FESTIVAL Vol.1】の全国ツアーの熱によるものだろう。

Text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位「BEST OF THE THREE VIOLINISTS」葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
2位「ベートーヴェン:交響曲全集」
3位「月の光」冨田勲
4位「サンダーバード音楽集~オリジナル・スコアによる」広上淳一,東京ガーデン・オーケストラ
5位「Nana 15」Nana
6位「0歳からの育脳クラシック」
7位「ホルスト:組曲「惑星」」冨田勲
8位「オホーツク幻想」冨田勲
9位「Natural Healing~四季のクラシックと、日本の自然音」
10位「展覧会の絵」冨田勲

関連記事リンク(外部サイト)

5月23日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
シングルで大差、Hey!Say!JUMP「真剣SUNSHINE」がモーニング娘。’16とワルキューレを押さえ総合首位
T.M.Revolution 20周年ベストALがトップ!レディオヘッド新作は初登場3位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。