体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“呑める蕎麦店”からの原点回帰。 「いつか、自分で育てた蕎麦の実で自分の蕎麦を打つ!【木曽路】

f:id:mesitsu_lb:20160411180002p:plain

会社をずる休みしたり無理して借金こしらえたり。そこまでしてもやり遂げたい、いわゆる“悪魔の趣味”というものがあります。有名なのは釣りですが、蕎麦もその一味じゃないかというのが僕の持論です。なぜ人は蕎麦にハマってしまうのか。その理由を考えるともなく福岡市民憩いの大濠公園付近をぶらぶらしていたら、やっぱり来ちゃいました

「石挽き手打ち蕎麦地酒 木曽路(以下、木曽路)

f:id:mesitsu_lb:20160411175507p:plain

店の近く「港町」の交差点。大濠公園から歩いて10分程度で旨い蕎麦にありつけます。

「ぉおお、久しぶりですなぁ!」

ご主人である宮崎義満さんのでっかい声と満面の笑みに、たちまち胃袋の巾着はゆるみ、どばーっと蕎麦欲が湧いてきます。

思うんですけど、人が店や料理を好きになる理由って、素材へのこだわりとかそういったことより店の人との相性に尽きるんじゃないかと、宮崎さんとの久しぶりのご対面に感じ入ってしまいました・・・・・・。

では、皆さんにはなんのこっちゃまったくNGな説明なので、ここから、真面目に木曽路さんの魅力、お伝えさせていただきます。

f:id:mesitsu_lb:20160411175527p:plain

外観は、およそ蕎麦店のそれではない雰囲気ですが、実は和紙をコラージュしたもの。見た目で、判断してはいけないのです。奥が深いのです。

f:id:mesitsu_lb:20160411175556p:plain

モダーンな雰囲気の店内。左手奥には小上がりの個室、右手奥にはご主人や2代目との会話も弾む対面式のカウンターを備えた座敷席があります。

f:id:mesitsu_lb:20160411175622p:plain

びっくりするような有名人が普通に蕎麦を啜っていたりもする店内奥の座敷席は予約制・・・ですが時々スルーしてカウンターに陣取る常連さんもいたりします。

木曽路のハジマリの話。

創業はバブルのずっと前。当時から蕎麦の店を名乗ってはいましたが、カレーでもなんでもある食堂然とした店でした。今のような蕎麦専門の店になる大きなきっかけは、2つ。1つは現在地への移転、もう1つは長男猛さんの“2代目継ぐ”宣言でした。

「高校時代、親父が連れて行ってくれた千葉の有名な蕎麦店を目にした瞬間、僕の中の蕎麦店の概念がひっくり返ってしまった」。外には外車がずらずらと並び、中では洒落た大人たちが昼から蕎麦で酒を呑み楽しんでいたのだそう。最も印象深かったのが、石臼で蕎麦の実を挽いて蕎麦粉を作っていたこと。「自家製粉すれば自由に蕎麦を表現ができる、と思ったんです。蕎麦の旨さに圧倒されながら、その発見にワクワクしました」。父と息子が理想とする蕎麦店が、この時ピタリと定まったそうです。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。