ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大きな湯葉ののった冷たいふつうのお蕎麦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月17日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、下田街道・三島~下田を歩きながら、黒船と幕末の秘話を知る旅をするコーナーで、渡辺正行さんが「八百孝」(静岡県伊豆市)を訪れた。店内はカウンター席もある落ち着いた雰囲気で、元々は八百屋と寿司屋をやっていたお店そうだ。入り口に架けられたのれんには「ふつうのうどん・そば」と描かれており、黄色のメニューと共に目を引く外観となっている。

「湯葉そば」は、透明感のある器の半分以上はありそうな大きな湯葉と、甘く煮付けた肉厚なしいたけの煮物、スライスされたキュウリ、揚げ玉が乗っており、汁のかかった冷たいおそば。弾力のある滑らかな舌ざわりの湯葉の上には山葵が乗っており、薬味のコネギが別皿で添えてある。
まずそばからいただいた渡辺正行さんは「うん、おいしいです。」、次に湯葉とともにいただき「湯葉もおいしいですね。優しい味」「普通のおそばじゃなかったです」とコメントし完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:八百孝(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:修善寺のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:修善寺×和食のお店一覧
築400年の古民家を改装したオーガニックレストラン
1日限定8食!洋風アレンジでいただく「マグロの中落ち」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP